トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

アルモンテ、孤軍奮闘 24安打&15打点は単独トップ

2018年4月16日 紙面から

DeNA−中日 6回表2死、アルモンテが右越えソロを放つ=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)

写真

 中日がDeNAに同一カード3連敗。貯金王手で乗り込んだ敵地・横浜スタジアムで、借金は再び3に膨らんだ。絶好調のソイロ・アルモンテ外野手(28)は一発を含む猛打賞。DeNA先発・京山も孤軍奮闘で攻略したが、勝利は遠かった。15日でリーグの対戦が一回り。頼もしい助っ人にも期待して、二回り目は巻き返したい。

 ヒゲの助っ人がこの日も一人、気を吐いた。チーム全体が打ちあぐねた初対戦の京山から、ヒットを放ったのはアルモンテだけ。しかも3度の対戦全てで。6回2死の第3打席は右翼席上段への4号ソロだ。

 「なぜ一人だけ打てたかって? 野球というスポーツにはそういうこともあるんだ。打てる球はしっかり捉えられるように、いつも準備しているだけだよ」。淡々と答えたが、この一発で京山をマウンドから引きずり降ろし、2試合連続完封負けの不名誉からチームを救った。

 1回は2死からライナー性の速い打球が単打にはなったが、左翼ポール際フェンスギリギリまで飛んだ。4回1死は右前打で、第1打席と同じく外角高めの144キロ直球だった。本塁打は体近くに来た143キロに対し、腕をたたんでバットに乗せ、体の回転ではじき返した。波留打撃コーチは「彼は厳しい球は見極め、打てる球が来るまでちゃんと待てるし、甘い球が来た時に一発で仕留めることができる」と、好調の理由を分析した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ