トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野奨が離脱 右肘に張り 「名古屋戻り検査結果聞くだけ」

2018年3月9日 紙面から

球場を後にする大野奨=7日、宮崎アイビーで(小沢徹撮影)

写真

 再建を目指す竜に暗雲が垂れ込めた。日本ハムからフリーエージェント(FA)で移籍した中日・大野奨太捕手(31)が8日、本隊から離脱。右肘の張りとみられ、状態次第で長期化する可能性が出てきた。

 「検査結果を聞きに帰るだけ。昨日試合に出なかったのも、名古屋に帰るのも予定通りのこと。問題ないです」

 この日の午前に宮崎から名古屋に戻った大野奨は予定通りを強調したが不安はぬぐえない。6、7日のヤクルト2連戦(宮崎アイビー)では欠場。試合前のシートノックにも参加していなかった。この日、田村バッテリーコーチは「右肘に張りが出ているみたい」と明かすと「この季節、屋外だと寒さもあるからね」と大事を取っての離脱であることを説明したが、昨年秋に手術した右肘の不安はあるようだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ