トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

博志、初球から衝撃!!バット折った 初打撃投手でドラ1の片りん

2018年2月10日 紙面から

初めての打撃投手で力投する鈴木博(小沢徹撮影)=北谷球場で

写真

 自慢の剛球がさく裂した。中日ドラフト1位の鈴木博志投手(20)=ヤマハ=が9日、初めて打撃投手を務めた。堂上、井領を相手に47球を投じ、最速は151キロを計測。安打性の当たりを3本に抑えた一方で、ボールは20球を数えるなど課題も残した。

 衝撃的な幕開けだった。ぐしゃりという鈍い音が球場に響く。鈴木博がプロの打者に対して投じた初球。内角にややシュート回転して食い込んだ直球が堂上のバットを根元からへし折る。「指に掛かった時は強いボールが投げられました」。初の打撃投手でドラ1の片りんを見せた。

 続く井領と合わせて全47球を投じた。うち44球は直球。力で押し込みまともに打球を前に飛ばさせなかった。この日の最速は151キロ。平均球速でも147キロをたたき出した。堂上は「力感のないフォームから突然ボールが出てくるので速く感じた。高めの球は力があった」と目を丸くした。

 だが手放しでは喜べない。ボール球の数は全投球の半数近い20球。高めに抜ける球がほとんどで、一度外れると連続してボールになる場面が目立った。「初めての実戦で力が入ってしまった」。さらにマウンドが高かったこともあり「体重移動はしやすかったけど、脚に疲れがたまっていて踏ん張りきれなかった。それでもストライクゾーンに制球しないと」と反省した。

 持ち味と欠点の両面をのぞかせたが、首脳陣の評価は悪くない。朝倉投手コーチは「疲労がピークに達している中でもいいボールは何球かあった」と話し、近藤投手コーチは「けがもなく打撃投手を務めるところまでこれただけで一段階クリアでしょう」と評価した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ