トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

アルモンテ、幸運のヒゲ 伸ばしたら打率上がるもんで…

2018年1月28日 紙面から

笑顔を見せるアルモンテ=中日ドラゴンズ屋内練習場で(金田好弘撮影)

写真

 中日の新外国人、ソイロ・アルモンテ外野手(28)は27日、他の新外国人3人とともにナゴヤ球場に現れ、屋内練習場でティー打撃やキャッチボールを行った。打率アップにつながった『幸運のヒゲ』で、日本での活躍を誓った。また、オネルキ・ガルシア投手(28)は、ドジャース時代の同僚で今季から巨人に移籍したアレックス・ゲレーロ内野手(31)封じに秘策ありと、不敵に笑った。外国人選手はそろって28日に沖縄入りする。

 初めてアルモンテを見る人は、まず、こめかみからのどまで覆い隠す、モジャモジャのアゴヒゲに目が奪われるだろう。「ヒゲがある状態が心地いいんだ。人生にはそういうのも大事だろう? (マイナー時代を含め)ヤンキースにいた9年間、ヒゲをそらなきゃいけないのが嫌だった。ヒゲ禁止の球団じゃなくなったので、ここ丸1年そっていないんだ。毛先の手入れをするだけ」。自慢のヒゲを語る時、アルモンテは笑顔になる。

 ここ2年間、メキシカンリーグでプレーしてきたが、2016年は打率2割8分5厘で、17年は3割5分5厘。打率がぐっと上がった理由について聞くと「特に打撃フォームを変えたりはしてない。ヒゲを伸ばしたからかもね」とニヤリ。たかがヒゲだが、されどヒゲ。アルモンテにとっては精神安定剤であり、幸運のお守りでもある。

 ヤンキースのように、日本でも某ライバル球団では、ヒゲはNGだ。「ドラゴンズがそうじゃなくて良かったよ。去年ドミニカで森監督に会った時『ヒゲはそらなきゃいけないか』と聞いたら、『もっと伸ばして来いよ』と言ってくれた。うれしかったね」と、指揮官のお墨付きであることを明かした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ