トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

荒木、仙さんの教えを胸に始動 竜野手最長23年目

2018年1月13日 紙面から

2000安打を達成し、花束贈呈役の星野仙一さん(右)に頭をなでられる荒木=2017年6月3日、ナゴヤドームで(篠原麻希撮影)

写真

 プロ23年目を迎える中日・荒木雅博内野手(40)が12日、年が明けてから初めてナゴヤ球場に現れ、軽いランニングやキャッチボールなどで汗を流した。在籍23年は、本紙評論家の立浪和義さんを抜いて球団の生え抜き野手では最長。今季からコーチ兼任になるチーム最年長野手は、入団時の監督だった故星野仙一さんの教えを胸に始動した。

 故郷の熊本で正月を過ごしていた荒木の下に恩師の悲報が届いた。すぐに予定を返上、その日のうちに名古屋へ戻った。

 「すべてが強烈な方だった。野球に対しての厳しさ、命懸けで野球をやるんだ、ということを入った時から教えられた。それは僕の土台になっていて、周りに伝えていければと思います」

 1995年オフに星野さんが監督に復帰。“外れの外れ”とはいえ、第2次星野政権で最初のドラフト1位指名を受けたのが荒木だ。星野さんが監督を務めた2008年の北京五輪では日の丸メンバーに呼んでもらってもいる。今年から選手兼任コーチ。体に染み付いた星野イズムを若手に継承することも役割の一つになるだろう。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ