トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

周平、断食 松井佑に誘われ3日間

2017年12月7日 紙面から

トークショーで質問攻めに合い笑顔を見せる(右から)高橋、福田、平田=名古屋市緑区のバッティングセンター「ららら緑店」で(小沢徹撮影)

写真

 中日の高橋周平内野手(23)、平田良介外野手(29)、福田永将内野手(29)の3人が6日、名古屋市緑区のバッティングセンター「ららら緑店」でトークショーと打撃講習会を行った。高橋はこの日までの3日間で、人生初という断食を敢行。これまでの流れと決別し、7年目のシーズンに懸ける。

 引き締まった顔つきに生気が宿る。おなかの中はからっぽ。襲いかかる空腹に耐えた。「しんどかったですよ。それでも今までたまったマイナスのものを吐き出すためです。これで運気も上がりますかね」。3日間の断食期間を終え、高橋はほっと一息ついた。

 7年目に向けて、これまでの悪い流れを断ち切るため、選んだのが断食だった。野球界では、オリックス・金子やソフトバンク・内川が実践し、さらにスポーツ界を見渡しても横綱白鵬らも取り組む。内臓を休ませ、細胞にたまった有害物質や老廃物のデトックス効果が期待できるという。

 プライベートでも慕う松井佑に誘われる形で今月4日から3日間の断食を実行した。1本1万円以上する酵素ドリンクを購入し、食事に置き換えた。イベントで出されるお菓子や弁当に手が伸びそうになりながら耐えた。効果は「よく分からない」と話したが、体重は4キロ減り、86キロになった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ