トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

1位・鈴木“ヒロシジャンプ”で盛り上げる 最高条件で仮契約

2017年11月20日 紙面から

中日と仮契約を終え、クリスマスツリーの前でポーズを決めるドラフト1位の鈴木博志=浜松市のオークラアクトシティホテル浜松で(布藤哲矢撮影)

写真

 中日からドラフト1位で指名されたヤマハ・鈴木博志投手(20)が19日、浜松市内のホテルで入団交渉し、最高額の契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意した。即戦力の期待が高い最速157キロ右腕は、DeNA・山崎康の「ヤスアキジャンプ」ばりにナゴヤドームのファンを盛り上げることを誓った。これで中日は、ドラフトで指名した全8選手(育成2人含む)の入団が決まった。(金額は推定)

 鈴木は「何度も手汗を拭いてからサインしました。今まで実感がなかったけど、きょう契約を終えたら湧いてきた」と、一つの夢をかなえた充実感に満ち、輝いていた。

 プロの扉が開いた先には、もっと大きな目標も見えてきた。目指し、そして超えたいのは、ここ数日、侍ジャパンの守護神として日本中の野球ファンを熱狂させてきたDeNA・山崎康だ。「抑えが好きになったのは山崎さんの影響でもある」という。登場曲が流れるとスタンドのファンから「オオオオオ…」と声が沸き上がり、ヤスアキジャンプで一体になる。何かしてくれるという期待感に満ちあふれ、試合の空気を一変させる存在感に魅了された。

 「すごい選手。動画もよく見てるし、こうなりたい、超えられるような選手になりたいと思うようになった」と言う。「ああいう自分の名前が入る応援をしてもらえるようになりたい。そういう登場曲を考えたいですね」とも話していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ