トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

直倫、来季巻き返す 兄が背負った「63」とともに

2017年10月30日 紙面から

守備練習で汗を流す堂上直=中日ドラゴンズ屋内練習場で(小沢徹撮影)

写真

 元中日で巨人から戦力外通告を受けていた堂上剛裕外野手(32)が29日、現役引退を表明した。弟で中日の堂上直倫内野手(29)は秋季練習中のナゴヤ球場で寂しさをにじませながらも、遊撃の定位置を奪われた今季からの巻き返しに決意を新たにした。

 兄の決断に弟は複雑な表情を浮かべるしかなかった。前日28日に剛裕から電話をもらい、巨人から戦力外通告されたことを伝えられた。「報告はありました。まあ、兄弟の会話なんで…」。直倫は詳しい内容こそ明かさなかったものの、兄の心境を推し量るように言葉を並べた。

 「(決断は)自分次第だと思う。僕がどうこういうことではないと思う」

 同じ愛工大名電高出身で、兄が2004年に中日に入団してから3年後の07年に竜のユニホームに袖を通した。父・照さんも中日で投手として活躍し、親子3人のプロ野球選手は史上初だった。ドラゴンズブルーの血が流れる「堂上家」で、直倫だけが現役で戦い続けることになった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ