トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

竜再建へ 来季組閣着手 石井昭男チーフスカウト2軍打撃コーチ浮上

2017年10月5日 紙面から

福留(右)を指導する石井打撃コーチ=2001年7月26日、ナゴヤドームで

写真

 チーム再建を目指す中日が4日、来季の組閣に着手した。2軍の加藤秀司(69)、嶋村一輝(35)両打撃コーチの退団が決まり、後任には今季限りで現役を引退する森野将彦内野手(39)とともに、石井昭男チーフスカウト(62)の現場復帰が浮上している。

 5年連続Bクラスからの脱出に向けた動きが本格化した。2軍練習中のナゴヤ球場ではこの日、球団が加藤、嶋村両コーチに来季の契約を結ばないことを通告し、発表した。強いドラゴンズ復活に向けて何よりも望まれるのは、若手の台頭を含めた戦力の充実。投手陣は小笠原や鈴木、笠原、柳ら有望株が増えた。その一方、野手の同世代は定位置の座を奪うほどの状況にはなかなか至っていない。

 白井オーナーは7月に森監督から前半戦の報告を受けた際、「選手を発掘したスカウトが(入団後も)面倒を見て指導するようになると、より成長するのではないか」とスカウト陣からのコーチ登用を提案されたことを明かしていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ