トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野、8イニング2失点“敢”投負け 意地見せたが…もったいなかった序盤失点

2017年9月14日 紙面から

1回裏1死二塁、大野がバレンティンの打球を好捕する(河口貞史撮影)

写真

 最後まで投げきった。それでも、勝ちが付かなければ納得することはできない。「負けてしまえば投球にいいも悪いもないですからね」。大野は敗戦の責任を一身に背負った。

 力みなぎる直球だった。スピードガン表示は軒並み140キロ台後半をマークした。「状態は悪くなかった」。完封した前回登板と遜色ない威力。それだけに失点が悔やまれる。1回、先頭・坂口に四球を与えると、その後2死二塁とされ、打席には山田。1ストライクからの2球目。137キロシュートを左前に運ばれた。本塁クロスプレーになったが、適時打に。3回には1死満塁から山田の高く弾んだゴロを大野が捕り損ね、適時内野安打に。結果的に前夜、猛打賞の山田の勢いを止められなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ