トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

小笠原、リーグ戦再開へ向け汗

2017年6月20日 紙面から

誰もいないグラウンドで黙々とランニングする小笠原=ナゴヤ球場で(篠原麻希撮影)

写真

 中日・小笠原慎之介投手(19)が19日、リーグ戦再開へ向けて動きだした。交流戦を振り返り「内角攻め」の重要性を再確認。全体練習は休みだったが、ナゴヤ球場で汗を流し、気合をみなぎらせた。

 西武・菊池と投げ合いレベルの違いを見せられた16日の一戦。8イニング5失点だった自身の投球を映像で振り返った。「ストレートだと分かっていても、コース次第で抑えられる。真っすぐをもっと磨かないと…」。そう確信したのは2発食らったメヒアの4打席目。「完ぺきに狙った通りのところではなかったけど、内角だったから詰まってフライになった。内角というのはひとつカギになるかもしれません」。攻めの姿勢でセ・リーグの打者に向かっていく。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ