トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ドラフト1位・柳、最高条件で仮契約

2016年11月30日 紙面から

仮契約後、「恩返し」と色紙に書き込み笑顔を見せる明大の柳裕也=ホテルニューオータニで(武藤健一撮影)

写真

 偉大な先輩を超えるスピード白星奪取だ!! 中日からドラフト1位で指名された明大・柳裕也投手(22)が29日、東京都内のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意した。即戦力右腕は、来季の開幕ローテ入りと、明大OBの楽天・星野仙一副会長や川上憲伸を超える速さでのプロ初勝利に意欲十分。これで中日は育成を含むドラフトで指名した全選手の入団が決まった。

 仮契約を済ませ、力強い足取りで記者会見場に入る。柳はホテルに「ジングルベル」の曲が流れるクリスマスムードも、球団から提示された最高の待遇も意に介さない。プロで飛躍−。その決意に満ちあふれていた。

 「ドラゴンズの一員になるということで、しっかりと自覚と責任を持って行動していきたい。一番はファンのみなさまに応援していただける選手になりたい」。多くのフラッシュを浴びながらも堂々とした受け答え。すでに大器の片りんを見せつけていた。

 目指すは開幕1軍ローテ入り。さらに偉大な先輩を上回るスピードでのプロ初勝利だ。先輩とは柳と同じく明大の投手で主将を務め、ドラフト1位で中日に入団した星野仙一や川上憲伸。星野はルーキーイヤーの1969年5月5日の広島戦でプロ初勝利、川上は98年4月9日の阪神戦でプロ初登板初勝利を手にした。期待が膨らむのは、来季の開幕カード。3月31日から巨人との3連戦(東京ドーム)で幕を開ける。宿敵相手に1軍デビュー。そして快投を演じれば、星野、川上より早くプロ初白星を手にする可能性は十分だ。

 「開幕ローテに入って投げたい? そうですね。早く活躍できるようにやっていきたい」。柳は同じ系譜をたどる大先輩以上の活躍に思いをはせた。中田スカウト部長も「開幕ローテに入る力はある。しっかり自分で一歩一歩、馬なりでいいから体をつくって、普通に投げさえすれば当然戦力になる」と太鼓判を押す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ