トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

周平、右手付け根「有鉤骨」を骨折

2016年5月1日 紙面から

右手有鉤骨を骨折し、名古屋に戻るために宿舎を出る高橋(篠原麻希撮影)

写真

 言葉も出ない。痛すぎる。今や竜不動の3番打者、高橋周平内野手(22)が骨折してしまった。30日の広島戦(マツダ)の第2打席、ファウルを打った際に、ずっと違和感のあった右手をやってしまった。力のあるスラッガーがよく経験する有鉤(ゆうこう)骨骨折。長期離脱が避けられなくなった。連敗で4カードぶりに負け越し、3位転落。1日の第3戦こそ勝ちたいが、グラウンドに周平はいない…。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ