トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ファーム

ここから本文

【ファーム情報】

写真

中日−楽天 先発で4イニング2安打1失点と好投した若松=ナゴヤ球場で(谷沢昇司撮影)

写真

中日−楽天 先発で4イニング2安打1失点と好投した若松=ナゴヤ球場で(谷沢昇司撮影)

 中日・若松駿太投手(22)が28日、ウエスタン・イースタン交流戦の楽天戦(ナゴヤ)で先発、4イニングを2安打1失点(自責0)の好投を見せた。ボーダー線上にいる開幕1軍に向けて、好アピールとなったのは間違いない。試合は同点の7回、阿部の勝ち越し右前適時打で2−1の勝利。連敗を3で止めた。 「若さま」こと若松が何とか徳俵で踏みとどまった。背水の陣での先発。初回、ストレートと得意のチェンジアップで連続三振のスタート。2回に失策絡みで失点したが、4イニングを1失点、課題とされていた球数も60球と省エネ投球を見せた。 「まっすぐの質をもう少し高める必要はあるかもしれませんが、低めにボールを集めることができたし、緩急をつけたピッチングができたと思います」。若松から久しぶりに笑みがこぼれた。(3月29日)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ