トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 9月7日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年9月7日

 最大震度7の北海道胆振東部地震。いつも、自然の猛威には背筋が凍る思いだ。それにしても、近年は大地震が多い。気象庁のHPにある震央分布を見ても、日本に無傷の地域はないのではないかとさえ感じる。

 昨季まで日本ハムにいた大野奨は家族を道内に残している。「偶然にも夜中に目が覚めて、連絡は取れました。無事は確認できましたが、断水や停電はあるし、被害もないわけではない」。そして、続けた。「ゆかりのある地域でもあるので、選手としても、個人としても、やれることをやっていきたい」

 みんなが大野奨と同じように被災地と向き合うことは難しいかもしれない。でも、自分のことしか考えられないようでは寂しい。チーム状況が苦しくても、プロ野球に関わる人として被災者に寄り添う気持ちは常に忘れないでほしいと思う。

(井上学)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ