トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 8月30日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年8月30日

 「人間の目」の限界が何度も白日の下にさらされている。今季導入されたリクエスト制度。リプレー検証の結果、判定が覆るケースは後を絶たない。その際の判断材料となるのは、言うまでもなく「映像」ということになる。

 ナゴヤドームでの映像には2種類ある。1つは中継テレビ局。もう1つは球団の自主制作。106ビジョンに流れるのは後者だ。そして、審判団は撮影された映像すべてを見ることができるわけではない。検証できるのはテレビ局と球団がそれぞれ実際に画面に流した映像だけだ。

 「そういうことですので、該当プレーに関しては、さまざまな角度の映像を中継で流して頂くようにテレビ局さんにお願いしています」とは球団の担当者。映像あってこその制度とはいえ、「人間の目も頑張れ」と言いたくなる日々である。

(井上学)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ