トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 8月29日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年8月29日

 後輩に刺激を受けていた。少し前の話だが、22日の阪神戦(ナゴヤドーム)で竜は相手先発の才木に7イニング2失点と抑えられた。翌日、ナゴヤ球場で福が「真っすぐ速かったですよね」と6学年後輩をたたえた。

 お気づきの読者もいるかもしれないが、2人は同じ高校出身だ。福は神戸西高、才木は須磨翔風高と校名は違う。これは、福が2年だった2009年春に神戸西高と須磨高を再編統合して須磨翔風高に生まれ変わったからだ。「高校が一つになる前は、野球部は合同で練習していたので指導者も一緒でした」。中尾修監督は共通の恩師になる。

 虎で奮闘する才木について福は「先発だから登板前日や当日はご飯に誘えない。2軍に来てくれればよかった」と冗談めかして笑った。しかし「僕が1軍に行けばいいんですよね」とも。支配下登録に戻った背番号34は後輩と1軍での再会を望んでいた。

(永井響太)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ