トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 8月18日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年8月18日

 甲子園が盛り上がる8月、選手との話の内容も高校野球の話が中心になる。この季節の思い出は選手それぞれだが、少し変わった話をしたのがドラフト6位の山本拓だ。

 甲子園開催中、山本拓の母校・市西宮高は出場校の練習場所になる。「代表校の練習を間近で見られましたね」。その中で最も印象に残っているのが高校2年のとき。「背番号は11なのにすごくいい球を投げる選手がいるなと思ったんです」。その高校は花咲徳栄。実はチームメートになるドラフト4位の清水だった。

 当時少しだけ言葉を交わしたというが、「そりゃ覚えてませんよね」と苦笑い。それでも「今、同じユニホームを着ているのは不思議ですよね」。縁はどこでつながるか分からないもの。今後も面白い巡り合わせがあるといいね。

(長森謙介)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ