トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 8月16日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年8月16日

 ビシエド、アルモンテにガルシア、モヤ。外国人選手がこれほど「助っ人」の働きをするシーズンも珍しい。「ヒーローインタビューの時は僕もうれしいんです」。どんなに疲れていても、通訳の桂川さんはお立ち台で満面の笑みを浮かべる。

 その仕事は言語だけでなく、家族を含めた衣食住に及ぶ。異国に来て、その生活に不安を感じるのは万国共通だ。桂川さんは、そんな彼らを献身的に支え、「助っ人」たちも惜しみなく謝意を表している。

 ある日、遠征帰りの桂川さんがアルモンテの家族をサポートし、続いてモヤの自宅に向かったときのことだ。「おなかはすいていないか」とモヤ自身がドミニカ料理を振る舞ってくれたという。「通訳の仕事以前に信頼関係が大事」と語る桂川さんのような人が、助っ人軍団の大活躍を縁の下で支えている。

(井上学)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ