トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 8月13日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2018年8月13日

 連日、猛暑の甲子園では熱い戦いが続いていますね。西愛知代表の愛工大名電・倉野監督は、記者が内勤から取材部門へ異動になったのとほぼ同じ時期に監督に就任されたこともあり、駆け出しの頃はよく取材させてもらいました。

 甲子園で春は2004年に準優勝、05年全国制覇など計12勝していますが、夏はいつも初戦敗退。堂上直倫を擁した05、06年夏の初戦敗退の後は特にショックを受けていました。「なんで勝てないんだろう。この選手たちでダメならもう夏は勝てないのかなぁ」という嘆き節を、ヤケ酒とともに聞いたこともあっただけに、8度目の挑戦での夏初白星は、記者にとっても感慨深かったです。

 初戦の白山戦は第4試合で、中日は試合中。堂上も「終わってからスコアを確認しました。監督が夏に勝っていないことは当時から分かっていたので、良かったです」と、母校を気にかけて喜んでいました。

(竹村和佳子)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ