トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2019年1月24日

 選手会合同自主トレが沖縄入り前最後のオフだった22日。今年の7月に24歳になる育成選手の石田が午前中に外出した。行き先は熱田神宮。「今年、本厄なんです。キャンプに行く前に行きたかったので」。ダウンジャケットの下にきちんとした襟付きのシャツを着て、厄払いに訪れた。

 「厄払いに行ってケガしたら、しょうがない。でも行かなくてケガしたら絶対に後悔する。後悔したくなかったので」。昨秋から良い感じで練習でき、投球にも手応えを感じている。だから、間もなく始まる2度目の春季キャンプを控え、新年の初詣に行った熱田神宮に再び足を運んだ。

 おはらいをしてもらい、お札を受け取った。昇竜館の自室に戻ると、そのお札をすぐに見えるところに飾っておいたという。今年、目指すは当然、支配下登録。勝負の年と位置付けているからこそ、万難を排して臨む。

(島田明)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ