トップ > 中日スポーツ > 編集日誌 > 記事

ここから本文

【編集日誌】

お手付きしても100点台 お見事、昌磨の精神力

2018年2月10日

☆…平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式を前に始まったのがフィギュアスケート団体の競技でした。男子ショートプログラム(SP)は午前10時開始という慣れない時間帯の戦い。有力選手が次々とミスする中、宇野昌磨も最初の4回転で着氷に失敗して手をついてしまいました。

☆…ところが終わってみればただ1人100点台で断トツ。出来栄え評価点で、最初のミスで失った以上のプラスを後半2つのジャンプで得たからでした。初めての大舞台で緊張もあるはずですが、失敗を引きずらず立て直せる精神力は、16日にSPがある個人戦でも発揮されるでしょう。

☆…ドラゴンズの北谷キャンプでは、ドラフト1位の鈴木博が初めてフリー打撃に投球。最速151キロの直球でバットをへし折ったかと思うと、ボール連発で苦しむなど、いい面も悪い面も見えました。疲れもあるでしょう。苦しいときにどう立て直すか。精神力にも注目です。(樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ