トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

真っすぐ引いてませんか? パットも円運動

2014年3月20日 紙面から

 今週は打ち方の注意点です。10歩の距離感を持ってくださいと書きました。距離感が身に付いたら、今度は方向性の出し方です。パットの方向性について、みなさん、結構勘違いしてますよ。

写真

 はるかかなた、ゴルフが発祥して以来、パットに関してはさまざまな考え方がありました。代表的なものに「パットはまっすぐ引いてまっすぐヘッドを出す」のか、「インサイドに引いて、インサイドにヘッドを出す」のかという論争があります。わたしは断然に後者の打ち方が理にかなっていると思っています。真っすぐ引いて真っすぐヘッドが出せるのは、せいぜいカップまで2メートルくらいまでの距離じゃないでしょうか。

 だからわたしの場合、スムーズに引くことはとことんこだわりましたが、まっすぐ引こうと思ったことはありません。オートマチックに、スムーズに引いたら、自然にインサイドにクラブはひかれるはずです、インパクト後もスイングが弧を描いたら、意識しなくても、インサイドにヘッドは動きます。パッティングもスイングの一種。円運動です。スクエアにインパクトができれば、ボールはちゃんと打ち出したい方向に真っすぐ進んでいきます。

写真

 アドレスで構えたら、そこの位置にインパクトでヘッドが戻るように練習をしてください。これが方向性をよくする打ち方です。そのためには、絶対に下半身を動かさないこと。下半身がグラグラしたら、アドレスとインパクトが一致しません。動いていないように見えて、実は動いてしまうのがパット。自分ではわからなくても、いっしょにラウンドをする人なら見えます。例えば、ラウンド前のパター練習で、下半身が動いていないか、チェックしてもらってください。特にテークバックやダウンスイングでひざが流れる人、多いですよ。さらに腰が回転する人もいます。みなさんよくヘッドアップを悪だと思っているみたいですけど、ヘッドアップ自体が悪いというより、ヘッドアップと連動して引き起こされる腰の回転やひざの上下動が、パターのスイング軌道を変えてしまうのです。パッティングは、ずっと同じ配分で体重を足裏で感じてほしいのです。ちょっとでも動くと、足裏の体重の感じ方が変わります。ほんのわずかな動きが、誤差となってボールの方向性を狂わせます。

写真

 パットに限らず、ゴルフは下半身だとつくづく思いますね。どっしりと構えて、できる限りシンプルに余計な動きをせずに振る。アドレスからなんとなく不安定でフラフラしているアマチュアゴルファーがいます。これでは安定したテークバックもインパクトもできません。パットの方向性は、どっしりとしたアドレスからです。

 ◆アドレス 競技者が球を打つために足の位置を決めて構えること。ボールの後ろにクラブを置いたら、その瞬間にアドレスを取ったと認定される。アドレスを取った時のスタンスや構えのことを最近ではポスチャーと呼ぶ。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

 Q:練習場のボールと本番のボールって違いがあるのですか? 練習場ボールって、心なしか飛ばない気がするのですが。 (岐阜県のゴルフビギナー)

 A:はい違います(きっぱり)100ヤードまではほぼ変わらないのですが、それ以上の距離になると飛距離は落ちます。練習場ボールはどうしても耐久性を高める工夫がしてあり、それが飛距離の落ちにつながります。だから練習場によってはヤード標示も抑えめにしています。100ヤードまでは正確ですが、それ以上は短くしてあります。自分の中の距離と練習場の距離が違って見えるのは、そういう理由だからです。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ