トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

いつものキレなかった田口

2018年5月21日 紙面から

 統一王座の防衛が期待された田口だったが、残念な結果だった。長身を武器に最近は王者の風格も備わっていただけに、判定結果を告げるアナウンスには「え〜!」と会場の落胆も大きかった。試合後、田口は「思いのほか体が動かなかった」と振り返ったが、確かにこの日はいつもの動きではなかった。

 ジャブが重く、スピードに切れが感じられなかった。踏み込んでくるブドラーに左のジャブが思うように伸びない。自信のストレートジャブも距離をつぶされ、インファイトの攻防もパンチが萎縮して中途半端。相手のトリッキーな攻めに翻弄(ほんろう)され、序盤からポイントを奪われた。

 元々、田口はスロースターターで中盤からの盛り返しも期待できた。終盤の9回からは疲れが見えたブドラーを果敢に攻め、最終回の左フックで逆転KOまであと一歩まで追い詰めた。だが、判定になれば、前半に失ったポイントが痛かった。

 今日の戦いを見る限り、勝てない相手ではなかった。渡辺均会長によると、ブドラー陣営は再戦を了承したという。田口が立ち直り、雪辱戦に臨むことを期待したい。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ