トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

田口と統一戦楽しみ

2017年12月31日 紙面から

 拳四朗らしい華麗で鮮やかなTKO防衛だった。挑戦者はランク11位と格下だが、上体をよく振って的を絞らせないボクシングでぐいぐい前に出た。積極的な気持ちが表れた、いい攻め方だったが、王者は技とテクニックでかわし、終始付け入るすきを与えなかった。

 KOにつなげた左フックからの右は見事。とどめのラッシュも拳四朗らしかった。相手に間合いを与えずに飛び込み、左右のパンチを上下に打ち分け、一気に畳み込んでのレフェリーストップ。鮮やかと言うほかない。

 拳四朗の強さは、父で師匠の寺地永会長から基本をしっかりたたき込まれていることだ。基本に忠実でバランスがいい。重心がぶれることなくフットワークを生かすことができる。姿勢がいいからパンチにスピードが出る。ぶれないからパンチに体重が乗る。

 注目は来年だ。同じ階級にはWBA王者の田口良一(ワタナベ)がいる。田口も長身でスピードを武器とする。両者を比べると、懐に飛び込むスピードなら拳四朗に分があるか。その田口は、大みそかにIBF王者と統一戦を行う。これに勝ち、日本人同士の対決が実現したらおもしろい。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ