トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

質より興行ビジネスを優先 世界戦の“投了”は増えそうだ

2017年11月15日 紙面から

 囲碁や将棋で一方が負けを認めて勝負を終えることを、辞書では「投了」とある。ボクシングの世界戦でこの“投了”試合が続いた。

 9月のWBOスーパーフライ級タイトルマッチで米国デビューを飾った井上尚弥(大橋)と同級7位アントニオ・ニエベス(米国)とのV6戦。10月にはWBAミドル級王者アッサン・エンダム(フランス)と村田諒太(帝拳)の再戦。井上も村田も序盤から攻撃的に攻め、ワンサイドの展開になった。井上は6回、村田も7回終了のTKOで試合を終えた。共通していたのは、中盤を終えて勝てないと悟った相手が続行を放棄したことだった。致命的なダメージを避けて再起の余力を残したかったのだろう。

 ボクシングは団体が乱立し、日本でも世界主要4団体をメジャー団体に認めた。挑戦者資格も10位から15位に緩和。質より興行ビジネスを優先するようになった。それに輪を掛ける日本ボクシングコミッション(JBC)の新たな地域タイトル承認だ。かつてはランク1位を目指し、指名挑戦権を得るのに必死だったが、今は必要が薄れた。残念だが世界戦の“投了”は増えそうだ。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ