トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

手数ならエンダム、破壊力なら村田

2017年10月21日 紙面から

 5月の王座決定戦からさらに注目度を増した、因縁の再戦が迫った。

 ともにKOか大差の判定による完全決着を目指している。だが、手の内を知り尽くした者同士だけに、もつれることも十分に考えられる。

 エンダムは村田のKO狙いの圧力をかいくぐり、巧みにパンチを当てにくるだろう。公開練習では歩幅と足の運びを念入りにチェック。変則ぶりを強めたトリッキーな攻撃に、進化した村田対策が感じ取れた。

 村田には前回、4回にダウンを奪いながら、KOにつなげられなかった反省がある。動きの速いエンダムの脚をいかに止めて右ストレートを打ち込めるか。ボクシングでの再戦は、7対3で王者が有利とされている。最近の日本人選手では、内山高志がコラレス(パナマ)に王座を奪われ、再戦でも敗れて引退した。

 だが、村田にはそんな不安材料を一蹴するだけのパワーがある。手数ならエンダム、破壊力なら村田。筆者の予想は6対4で村田だ。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ