トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

13連続KO 夢のある王者・比嘉

2017年10月20日 紙面から

 何とも夢のある王者だ。WBCフライ級王座の初防衛戦が近づいた比嘉。今年5月にデビューから無敗の13連続KOで王座を奪取。沖縄県の同郷・浜田剛史の15連続KO勝利にあと2つと迫る。

 KOはボクシングの醍醐味(だいごみ)だ。世界では「ダイナマイト」の異名でライト、スーパーフェザーの世界2階級を制覇したエドウィン・バレロ(ベネズエラ)の27戦全KO勝ちの記録がある。彼は一時期、帝拳ジムに所属したから日本にもファンが多い。阪東ヒーローと1回KOをかけた賞金マッチを行うなど、話題にも事欠かなかった。比嘉の強打を打ち込む鋭さは、バレロをほうふつさせる。

 比嘉は13連続KOにも「倒すための練習をやってきてるんで」と平然。「倒さなきゃボクシングじゃない」を実践する気迫がすごい。人気ではまだ具志堅会長にかなわないが、怖い物知らず。人気でも恩師越えの全国区を夢見る。公開練習で見せたスパーリングは、一段とパワフルになり、進化をうかがわせた。今回もKOに期待大だ。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ