トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

堅い尚弥のV5、拳壊さないかという心配だけ

2017年5月20日 紙面から

 井上尚の5度目の防衛は堅い。相手は16勝(5KO)3敗の1位指名挑戦者だが、パンチが特別にあるわけでもない。12戦(10KO)無敗の井上には物足りない感は否めない。

 陣営は当初、統一戦かバンタム級に上げての挑戦のいずれかを考えていた。大橋秀行会長は「90%決まりかけていたところにWBOからの指名ということで」と経緯を説明した。今の井上に穴は見当たらない。スピード、パワー、テクニックと完璧。コンビネーションも多彩。アマ7冠の実力をプロでも遺憾なく発揮している。

 あえて不安を挙げれば、拳を壊さないかという心配だけだ。それさえなければ、勝敗よりも、どのタイミングで倒すかが焦点になる。

 八重樫にも触れておきたい。この階級は、前日20日に拳四朗がWBC王座に挑戦、田中がWBO王座の初防衛戦を行う。両者とも勝ち、拳四朗がベルトを獲得すれば、WBA王者の田口良一(ワタナベ)と合わせ、世界4団体を日本人が占めることになる。そうなれば圧巻だ。団体統一戦が楽しみになる。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ