トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

ロフトを信じろ! アゴの高いバンカーSWで十分脱出できる

2017年12月7日 紙面から

 今週は難易度の高いアゴの高いバンカーからの脱出方法です。大切なのは、まずクラブのロフトを信じること、そして構え方です。サンドウエッジのロフトを超えるような高さのバンカーは、日本ではほぼありません。高さを意識せず砂をあまり取らず、振れば、高いアゴでも克服できます。 (取材・構成 青山卓司)

腕に頼るとミスる

フェースを踏めば、ロフトの角度でシャフトは傾く。この傾きがボールの打ち出し角

写真

 高いアゴのバンカーに苦しめられた経験は、誰もがあると思います。バンカーが深ければ深いほど、スイングではなく、腕に頼ってボールを上げようとしてしまいがちです。腕でボールを無理やり上げようとしてしゃくり上げるから、ダフったり、トップしたりするミスが出るのです。バンカーでのミスの原因の大半は、手打ちによるものと言ってもいいでしょう。

 まずみなさんに実験していただきたいのは、視覚的に、ボールの打ち出し角を確認することです。サンドウエッジを持って、クラブフェースを踏んでください。そうすると、地面とロフトがぴったりと重なって、ロフトの角度だけ、シャフトが傾きます。これがシャフトなりに振った時のボールの打ち出し角です。シャフトが傾いた高さに、ボールは飛んでいきます。試してみればわかりますが、58度や56度のサンドウエッジで打った時のボールの打ち出し角は、相当な高さになります。日本のガードバンカーなら、ほぼロフトなりに打てば、脱出できることが、視覚的にわかるので、ぜひ、試してください。

打ち出し角 林でも

 もちろん、英国のコースにあるようなポットバンカーとかに入れてしまったら、それは別の話です。無理せず、出せる方向に打つしかありません。そんな例外をのぞけば、まずサンドウエッジで打てば、ボールは出せることを理解してください。

 ボールの打ち出し角と方向を知ることは、バンカーだけじゃなく、例えば林に打ち込んでしまった時、低い球を打って脱出する時にも使えます。サンドウエッジだけじゃなく、4番アイアンや5番アイアンでも試してください。

砂の表面 軽く取る

アゴの高いガードバンカーでのスイング

写真

 もう1つ、立ち方も大切です。日本のバンカーの特徴は、アゴが高いバンカーほど、アゴに向かって砂が高くなっている傾向があります。つまり左足上がりのライが多いということです。左足上がりということは普通に構えれば、さらにロフト角が大きくなるということです。それをみなさんはなぜか、左足上がりのライを無視して、地球に対して直角に立とうとしてしまいます。せっかく約10度の角度で左足上がりになっていても、58度の角度が48度の角度になって、エッジが刺さりやすくなってしまいます。ライなりに直角に立てれば、58度が68度のロフトになり、さらにボールは上がりやすくなります。

 スイングも左足上がりのライに沿って、振っていきます。決して打ち込むようなスイングにしないでください。砂の表面をバウンスで軽く取るだけでいいのです。ライなりに、おだやかな角度で振っていけば、あとはクラブが勝手にボールを上げてくれます。

取材協力 ムーンレイクゴルフクラブ市原コース(千葉県市原市新生603)(電)0436(37)8855

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ