トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

確実に決める!田村式ショートパット 1メートル以内を狙うときはカップ外すな

2017年11月9日 紙面から

必要以上に距離合わせない 強めに打て

1メートル以内のパットはカップを外さない。埋め込み式のマーカーとカップをひもで結んでパットを打つのもいい練習になる

写真

 絶対に入れたいのが1メートル以内のパット。これを外すと、スコアに影響するだけでなく、精神的なダメージを引きずってしまう。確実に入れる方法は、よほどの傾斜でない限り、1メートル以内はカップを外さず打てと、田村尚之プロが教えてくれた。自宅でできる簡単な練習方法も紹介する。

 (取材・構成 青山卓司)

極端なラインない

 1メートル以内に寄ったパットは、是が非でも入れたいものですね。アプローチで成功したら、1パットで終えることができるし、2打目のパットなら、ファーストパットのタッチミスを、これでカバーすることができます。何よりプレーにリズムが出ます。では、どう狙えばいいのかを教えます。

 基本の1番目は、カップを外さないことです。よほどの傾斜でない限り、1メートル以内ではカップを外さないでください。もちろんラインはあります。右打ちの場合、スライスラインならカップの左はじを、フックラインならカップの右はじを狙いますが、カップを外すようなラインでは読みません。よっぽどグリーンが速かったり、とんでもない傾斜にカップが切ってあったりしたら、それはまた別な話ですが、そんなケースは、プロのセッティングでもまれです。ましてやアマチュアの方が普通にラウンドするのであれば、まずはターゲットはカップの中に収めてください。

実は凸凹しているカップ周辺 弱いと影響受けることも

写真

 次に必要以上に、距離を合わせようとしないことです。距離を合わせようとすればするほどラインを読みたくなります。パットは長くても短くても、曲がりは少なめに読んで、強めに打つことが大切です。もう1つ、強く打つ理由があります。カップ周りのグリーンはみんなが踏むから、特に凸凹が多いことを知っていますか? だいたいカップを中心に半径50センチくらいの円がよく荒れる場所です。みんなが踏むからスパイクの跡なんかもついたりします。タッチが弱いと、その凸凹に影響されて曲がってしまうことがあるんです。ちょっとした凸凹なら乗り越えるくらいの強さが必要なんです。

×合わす○当てる

 基本はこの2点です。この基本が身に付く簡単な練習方法を紹介します。自宅でもできるので、試してみてください。じゅうたんの上に一升瓶を置いてください。お酒が好きな方は酒瓶、なければしょうゆの瓶でも、種類は何でもいいです。1メートルの距離からその一升瓶目がけて打って、「チン」という音をさせてください。とても簡単でしょ。

 この練習方法のミソは、瓶に当てることにあります。よくあるパター用のマットは、穴に入れるタイプが多いですよね。あの練習だと、どうしても穴に入れようとして、距離を合わせて打ってしまいます。パットは合わせるのではなく、当てるのです。ターゲットを狙うという意識を強く持ってほしいのです。

 実際のパットでも、できたらカップの反対側にある壁に当ててほしいのです。ころんと手前からジャストタッチで入れるのではなく、壁に音がするくらいの強さでパットは打ってください。

写真

プロだって外れる

 もちろん外れることはありますよ。プロだって1メートルの距離を外すことがありますから。でも、カップを狙って入らないのと、カップを外して入らないのでは、外した時のショックの度合いが違います。カップの中を外さずに打って、仮に入らなかったら、いさぎよく気持ちを切り替えて、次のパットを打ってください。ショックを引きずらないことも、ゴルフでは大切です。

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 ムーンレイクゴルフクラブ市原コース(千葉県市原市新生603)(電)0436(37)8855

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ