トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

芝の目の流れで難易度が大きく変わる 逆目・横目 やっかいなラフ

2017年9月28日 紙面から

 ラフに入った時、最も気を付けなければならないのは、ボールの沈み具合とともに、ラフの目の流れです。順目なのか、逆の目なのか、それとも横目なのか。それによって、難易度が大きく変わってきます。

 (取材・構成 青山卓司)

いつもより転がる

 ラフからのボールを打つ時、先週レッスンしたように、どれくらいラフの中にボールが入っているか、見方を変えると、ラフの中で地面からどれくらい浮いているかを見極めることが重要です。

 それと同じくらい重要なのが、ラフの目を読んで、どう振ったらいいのかを考えることです。一番簡単なのは順目です。順目というのはボールの後方から前方に、打ちたい方向に向かってラフが流れていること。そこにボールが浮いていれば、インパクトでボールとクラブフェースの間に、草が入る可能性が低いのです。ということは、順目のラフからは、ほぼフェアウエーから打つ時と同じ感覚で打つことができます。

これが逆目のラフ。ボールとフェースの間に草が入って、スピンがかからないから、フェアウエーから打つよりも転がる

写真

 ラフからのボールがやっかいなのは、草が邪魔をしてボールが飛ばないということもありますが、インパクト時にフェースとボールとの間に草が入って、スピンがかからない現象がおきるからなんです。スピンがかからないということは、単純に言えばいつも以上にボールが飛び、いつも以上にボールが転がるということです。例えばラフからミドルアイアンや、ショートアイアンのフルスイングをした時に、フェアウエーから打つよりも飛距離も出て、いつも以上に転がる現象を「フライヤー」と言います。

 スイングスピードが速くないアマチュアゴルファーは、いつも以上に飛んでしまうという経験はあまりないかもしれませんが、例えばアプローチでいつも以上に転がってしまう経験ならあると思います。これはスピンがかからないためにおきる現象です。

逆目のスイング(左から右へ)

写真

草の抵抗を計算

 逆目になると、このフェースとボールの間に草が入って、スピンがかからない可能性が大きくなります。逆目のラフでも草の流れに沿って、鋭角にクラブを落としていけば、草が入らない打ち方もできるし、それも無理なほど草が立っているのなら、今度は草の抵抗を計算して、番手を上げるか、少し大きめに振っていきます。

これが横目のラフ。→のように草の目が足元からボール方向に流れている。この横目のラフが最もやっかい

写真

 やっかいなのは横目です。それでも構えた時に、正面(ボールがある方向)から両足に向かって流れている目ならまだ打てます。スイングは基本的にはインサイドからインサイドに振っていく動きだから、この横目なら、スイングの軌道が、ラフの目の流れに逆らいません。少しフェースを開いて、インサイドに振れば、スムーズに打つことができます。

 最も難しいのはその逆の目です。構えた時に、足元からボール方向に草の目の流れがある場合。インパクト以降で、フェースの動きが完全に草の目に邪魔されます。スイングの軌道と草の目の流れがけんかをしてしまうのです。目の流れが強ければ、スイングが負けて、フェースが開いてインパクトを迎え、右真横にボールは飛び出していきます。

 逆に草の目にフェースが引っかかって、勝手にフェースが返ってしまうことがあります。その場合は左へのひっかけ球が出ます。

短い距離を確実に

 右に飛び出すか左に飛ぶか、予測不能なのが、この足元からボール方向に目が流れているラフです。順目でも、逆目でも、きちんと打てば、縦の距離のミスはあるにしても左右にボールが散らかることはありません。でもこのラフに入ったら、飛ばないだけではなく、左右にボールが散らかる、致命的なミスが出ます。プロでもやっかいなラフです。

 この場合どうするか。まずは脱出です。決して欲張らない。左右に飛んでもいいと思って、クラブの番手を落とし、短い距離を確実に打ちます。そして次のショットで挽回します。難易度の高いラフでは、確実に脱出することも大切なマネジメントです。

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 ムーンレイクゴルフクラブ市原コース(千葉県市原市新生603)(電)0436(37)8855

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「ドクター湯浅のスポーツサイエンス」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ