トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

つま先上がりのライ スタンスオープンにしてほんのちょっとフェース開く

2017年9月7日 紙面から

つま先上がりのライの構え方。ややオープンスタンスにして、フェースはほんの少し開く

写真

 今週のレッスンは、つま先上がりのライの打ち方です。つま先上がりのライから打つということは、多くの場合、フェアウエーを外してラフにあるボールを打つということです。ラフから打つのも難しいのに、さらにつま先が上がっている斜面から打たなければならない状況を、どう脱出するか。セオリーとは真逆のコツを、田村尚之プロが教えてくれました。 (取材・構成 青山卓司)

ロフト角 大ほど…

 つま先上がりのライは、普通に打てば、ほぼ間違いなくフックボールになります。特にショートアイアンやウエッジなどロフト角の大きなものは、さらにその傾向が強くなります。

 打ち方をレッスンする前に、なぜ曲がるのかを、知っておきましょう。つま先上がりの斜面にボールがあるということは、ボールの位置が高くなっている分、スイングは横振りになります。傾斜が強くなればなるほど、横振りの傾向も強くなります。

 ウエッジは縦振りならクラブフェースはターゲットを向くのですが、スイングが横振りになればなるほど、左を向くようにできています。実験してみましょう。2人一組になって、1人はウエッジを持って構える。残りの1人がティーペグをフェース面に手でくっつけて、フェース面の向きを確認してください。普通に構えた場合と、クラブを胸の高さまで上げて構えた場合で、ティーペグがどの方向を向いているのかを確認してください。

 明らかに胸の高さに上げた場合、フェース面(ティーペグ)は左を向いているはずです。これがフックをしてしまう理由です。

持ち方いつも通り

(左から右へ)つま先上がりの連続写真

写真

 ではフックをどう防げばいいのでしょうか。よく聞くアドバイスとしては「フックを計算に入れて、最初から右に向け」というものです。でもこの打ち方は、私はお勧めしません。なぜなら、つま先上がりの斜面で、さらに右に向いたら、今度は左足上がりの要素を含んだ複合のライになるからです。先週、レッスンしたばかりだから覚えていると思います。左足上がりのライというのは、斜面にリーディングエッジが突き刺さりフェースが左を向きやすく、フックになりやすいのです。つまり、右を向けば向くほど、フックボールを打つ構えを自分でつくっているようなものなのです。

 つま先上がりということは、当然、ボールと体の距離が、近くなっています。だから極端にクラブを短く持つ人がいます。これもあまりお勧めしません。もちろん傾斜がとても強く、短く持つしかない状況もあります。その時は少し短く持ってください。でも多少の傾斜なら、いつもの長さで持って振ったほうがいいでしょう。短く持つということは、シャフトのバランスが変わって、手打ちになる危険性がそれだけ高くなります。いつも通りに持つことができるのなら、それが一番いいと思います。

 構え方は、右を向くのではなく、スタンスを少しオープンにしてください。これでアウトサイドからインサイドにヘッドが抜けやすい軌道をつくります。

ターフは浅く取る

クラブフェースはほんの少し開くだけでいい

写真

 フェースを少しだけ開いて、ボールの手前からソールを滑らせるイメージで打っていきます。決して打ち込まない。傾斜なりにバウンスを使って、ソールを滑らせるイメージです。フェースを少しだけ開くのは、ボールを左に打たないためと、このバウンスを使いやすくするための、2つの理由があります。ソールを滑らせるスイングにすると、フェースがぶれにくく、方向性も安定します。

 「スタンスをオープンにしてフェースを開いて打つ」。たぶんこれまであまり聞いたことのないアドバイスで、最初は違和感があると思います。でも、1度試してみてください。意外と簡単なんです、これが。開くのはほんのちょっと。バウンスを滑らせて、ターフを浅く、長く取るイメージです。

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 ムーンレイクゴルフクラブ市原コース(千葉県市原市新生603)(電)0436(37)8855

(毎週木曜日の紙面に掲載。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ