トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

田村式アプローチは「上げるだけ」 打ち方はシンプル!どんな位置でもライでも対応できる

2017年8月3日 紙面から

(左から右へ)田村プロのアプローチ連続写真

写真

 アプローチのレッスンに入ります。極端に言えば、すべてのホールでパーオンができれば、アプローチをする必要がないので、このレッスンは意味がなくなります。それが理想ではあるのですが、現実はなかなかそうはいきませんよね。むしろ、アプローチの出来次第で、パーが拾えたり、ボギーでおさめたりというケースの方が多いと思います。アプローチで大切なのは迷わないこと。そのためには、得意なアプローチを1つだけ、徹底的に磨くことです。

大きく分けて3つ

 アプローチはスコアをつくっていく時に、欠かすことができない技術です。アプローチで寄れば、たとえパーオンできなくても、寄せてワンパットならパーですし、ミスショットが重なっても、チップインできればグリーンにボールを乗せなくても、パーは拾えます。アプローチの技術は、スコアに直結します。それほど大切な要素です。

 欲を言えば、7番アイアン(7I)や8番アイアン(8I)を使った転がすアプローチ、ピッチングウエッジ(PW)を使ったピッチ・アンド・ラン、サンドウエッジ(SW)やアプローチウエッジ(AW)を使った上げるアプローチ(ロブショット)の3種類をマスターするのがベストです。でもそれをアマチュアゴルファーに求めるのは酷というものです。サラリーマンアマチュアゴルファーだった私は、限られた時間をいかに有効に使うかが、とても大切でした。そこで考えたのが、1つのアプローチを徹底的に磨いて、得意にすることです。

SWかAWで練習

 大きく分けて、3つあるアプローチのうち、どのアプローチをものにするのが、一番スコアがよくなるか。それを考えた結果、私は上げるアプローチを選択しました。難易度のことはとりあえず置いといて、上げるアプローチなら、どんなライやピン位置でも、寄せることができます。でも転がすアプローチしかできなかったら、バンカー越えで、しかもバンカーに近いところにピンがあったら、まず寄る可能性はありません。ピッチ・アンド・ランでも同じです。だから、徹底的に上げて寄せる練習をしました。今でも私のアプローチのベースは、上げて寄せるです。この上げて寄せるを1本のクラブで練習してください。上げるのですから、SWかAWですね。これをマスターしたら、次に違うクラブで同じ振りをすれば、高さとランが変わってきます。これが応用編です。スイングは同じで、クラブを代えることで高さとランを変えるのです。

 そして上級者になると、同じクラブで、高さとランを変えることができるようになります。ボールの置き場所などを変えれば、飛球線の高さも、スピン量も変えることができます。まあ、これは上級者になってからの話です。今は1つのクラブで、1つの打ち方を徹底的にマスターすることを考えましょう。

 私は上げて寄せるアプローチを選びましたが、もちろん、「転がすアプローチ」でもいいのです。「どうしても上げることができない。私は転がす」と決めたのなら7Iや8Iを使っての転がしを徹底的に練習して、ものにしてください。そしてどうしても、転がしたら寄らないという状況に陥ったら、いさぎよくあきらめてください。横に出すか、グリーン奥につけてもいいと思って、打ってください。

「あきらめ」も大切

写真

 あきらめきれずに欲をかいて、ギリギリを狙うことが、結局大たたきにつながることはもうおわかりのはずです。ゴルフというものは、いい意味であきらめることが、とても大切です。確かにボールを上げるよりも、転がすほうが簡単という主張をする方が多いのは確かで、ボールを当てるだけなら、ロフト角が最も少ないパターが、クラブの中で最も簡単というのも事実です。

 でも、アプローチであきらめたくない方なら、上げましょう。ロブショットなら、どんな状況でも、寄せられます。しかも、みなさんが思っているより、打ち方はずっとシンプルです。次回は、その打ち方をレッスンします。

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 森永高滝カントリー倶楽部(千葉県市原市古敷谷1919)(電)0436(96)1351

(毎週木曜日の紙面に掲載。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ