トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

田村式スイングならどんなクラブにも対応できる

2017年7月13日 紙面から

 今週はフェアウエーウッド(FW)の打ち方をレッスンします。FWを苦手にしているゴルファー、結構多いですよね。ちゃんとFWが使えれば、距離の長いパー4もそしてロングホールも、もう怖いものなし。FWを得意にしている田村尚之プロの打ち方なら、ミスなく、簡単に地面からじかにスプーンを打つことができます。

シャフト地と直角

FWのソールはこんなに広い。このソールを地面に滑らせることができればクリーンに打つことができる。そのためにはハンドレートのインパクトが大切

写真

 ハンドレートにして、ボールとクラブフェースが直角に当たるように打つのが、私のスイングの基本です。この打ち方さえマスターできれば、どんなクラブにも対応できます。

 読者のみなさんの中には「FWは苦手」と思ってらっしゃる方、いると思います。特にアイアンをハンドファーストで打ち込むように振るタイプの、どちらかというとパワフルな男性ほど、FWを苦手にする傾向が強いと思います。

 FWはとにかくソールが広いクラブです。だからソールをうまく使うことができれば、あとは勝手にクラブが地面を滑ってくれます。私に言わせれば、これほど簡単なクラブはありません。

 FWが得意という方のスイングをよく観察してみると、やっぱり、ハンドファーストがそれほど強くなく、きれいにソールを滑らせて振っています。わたしのスイングはすべて、地面をソールで使って滑らせるスイングです。ショートアイアンからドライバーまで、すべて同じスイングです。これをFWでもやっているだけなんです。

 体重配分は左右同じ。スタンスは肩幅より少し狭くして、ボール位置はスタンスの真ん中。シャフトは地面と直角にするから、グリップと手の位置はボールよりも後ろにきます。このアドレスを取れば、肩のラインは、ボールと目標方向を結んだラインと平行になります。シャフトの長さがドライバーよりも短く、アイアンよりも長いから、アイアンよりはアップライトで、ドライバーよりも少し穏やかな弧を描くスイングプレーンになります。

地面当たっても○

 インパクトは、このアドレスの再現です。ソールが広いFWは多少ボールの手前にクラブフェースが地面に当たっても、滑ってクリーンに打つことができます。ハンドレートを意識して、手前からソールを地面に当てることさえできれば、ボールは必ずきれいに打つことができます。

 ハンドファーストにした瞬間に、ボールをクリーンに打てるポイントが1つしかなくなります。「線」で打つ人と、「点」でしか打てない人ではどちらがミスが多くなるかは考えなくてもわかりますよね。ヒットポイントが1つしかなかったら、どうしても苦手意識を持ってしまいます。ハンドレートにして、線で打つことができれば、FWはとたんに簡単になります。

写真

無理しなくていい

 それ以外、スイング中に、何かを意識する必要はまったくありません。左右均等にした体重配分も変えません。その場でこまのようにくるっと回ってください。

 テークバックで右の股関節に体重を乗せて、フィニッシュで左の股関節に乗るなんてレッスンがありますが、私のスイングにはその必要もありません。70歳のゴルファーに股関節に体重を乗せろなんてレッスンはできません。でも「右向け右」なら、誰でもできます。私のスイングは「右向け右」でトップ、「直れ」でインパクト、「左向け左」でフィニッシュ。下半身リードもいりません。無理をしない田村式スイングでFWを得意クラブに変えてください。

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 森永高滝カントリー倶楽部(千葉県市原市古敷谷1919)(電)0436(96)1351

(毎週木曜日の紙面に掲載。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ