トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

前傾はいらない!田村式スタンスのとり方

2017年5月18日 紙面から

 今週はスタンスのレッスンをします。わたしはあまりスタンスを広く取りません。肩幅よりも少し狭いくらいです。1軸でこまのように回るためには、スタンスは広くないほうがいいからです。こまのように回るためには体重移動は必要ないし、前傾も取らないほうがいい。だから突っ立ちで、狭いスタンスが基本。個性的かも知れませんが、理にはかなっているのです。  (構成 青山卓司)

(左)田村尚之プロのスタンス。スタンスは肩幅かそれより狭くてもOK。前傾をあまり深くしない(右)ダウンスイングで上体が動いたら、突っ込んでしまう

写真

体への負担少なく

 わたしのスイングに体重移動は必要ないから、スタンスは狭いほうがいいのです。スタンスが広いと、それだけ上体が動く範囲が広がります。体重移動をしたくなくても、してしまうようになります。それを防ぐ意味でも、構えからなるべく体が左右に動かないようにします。極端に言えば、完全に両脚をくっつけたら、体重移動なしで、その場でこまのように回ることができます。ただ、これではさすがに回転が安定しません。遠心力に耐えられる範囲でスタンスを取れば、それで十分です。私の場合でしたら、肩幅かそれよりも少し狭いくらいです。

 さらにこまをスムーズに回すためには、軸はできるだけまっすぐの方がいい。だから突っ立ちです。最近のドライバーのシャフトはどんどん伸びてますしね。長いシャフトを振りまわすためには、あまり前傾はしない方が力学的にも正しいと思います。

 前傾して、上体をねじりながら回転することも可能ですが、体に負担がかかりすぎます。これは後付けになるかもしれませんが、前傾を深く取るゴルファーは、あまり競技寿命が長くないと思います。股関節もそうですね。レッスン書では、上体をねじって股関節に体重を乗せろとか言われますが、70歳や80歳のゴルファーに、そんな要求はできませんよね。できるだけ自然体で構えるのが、体への負担を少なくする方法だとわたしは思っています。

軸はまっすぐ スムーズなこま回転の状態をつくろう

両かかとを結んだラインと、腰、胸、肩のラインが同じ方向を向くように構えるのが基本【切り込み写真】両かかとを結んだラインさえ、飛球線と同じ方向を向いていれば、つま先が開いていても真っすぐでも構わない

写真

つま先 骨格で調整

 スタンスの取り方ですが、ポイントになるのは、両かかとを結んだラインです。肩、胸、腰、両膝のラインと両かかとのラインは同じ方向を向くのがいいと思います。スタンスにはオープン、クローズ、スクエアとありますが、それをもう1度説明しましょう。開く(オープン)、閉じる(クローズ)、平行(スクエア)の基準はつま先ではなくかかとです。左のかかとを引けばオープン、右のかかとをひいたらクローズです。オープンでもクローズでも、そのラインは肩、胸、腰のラインと同じ方向にはなりません。同じ方向を向かないと、やはり回転がスムーズにできなくなります。オープンやクローズは、こまの回転がしにくい状態をつくるということですから、避けたほうがいいと思います。

 逆にかかとのラインさえ、平行になっていれば、つま先はどれだけ開いても、構わないということです。

これがオープンスタンス。両かかとを結んだラインの向きが腰、胸のラインと異なる。これでは右肩がダウンスイングで出てしまう

写真

 わたしの場合、股関節が硬いのと、もともとの骨格が、がに股気味なので、左のつま先だけは少し開きます。こうしないと左の膝を痛めるからです。逆にテークバックがうまく上げられない人は、右のつま先を少し開けるといいかも知れません。

スツールのように

 つま先を開けるか、スクエアかはその人の骨格に合わせればいいと思います。構えはあまり前傾をせずに、お尻もあまり出しません。バーのカウンターで脚の高いスツールに腰掛けるように構えてください。

 取材協力 ムーンレイクゴルフクラブ市原コース(千葉県市原市新生603)(電)0436(37)8855

 ▼田村尚之(たむら・なおゆき) 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の52歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ