トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

本当に「型なし」?パットの確立高める方法教えます

2018年8月23日 紙面から

 「パットに型なし」とは、よく言われること。それほどパットは自由に打ってもいいもの。でもその中でも、やっぱり入る確率を高めるセオリーは存在します。パットの打ち方、ラインの読み方などをツアーでも屈指のパットの名手とも言われる高山忠洋プロに聞きました。 (取材・構成 青山卓司)

コインを置いて練習

(上)これが正解!ボールの芯をフェースの芯で打つ(中)ソールを少し浮かすと、フェースの芯でボールの芯を打つことができる(下)地面にクラブソールをつけて打つと、芯でボールを打てない

写真

 いくら「パットに型なし」とはいっても、ただ漫然と打っていても入りません。いかに入る確率を高めていくかをお話しします。まず大前提として、「芯で芯を打て」というのがあります。ボールの芯を、フェースの芯で打つことが大切なのです。これができて初めて、ボールは常に一定の転がりをし、距離感というものが養われていくのです。パターをグリーン上でソールしている人がいます。これでは芯で芯を打つことはできません。

 「ソールする」とは、パターのソール部分を、地面にくっつけることを言います。これではフェースの芯ではなく、その上部にボールの芯が当たってしまいます。ボールの芯をフェースの芯で打つためには、クラブは少し浮いていなくてはいけません。ちゃんと浮かして打っている人は正解。ソールして打っている人は、きょうからパターは浮かして打ってください。

 ボールの前にコインなどを置いて、それに当たらないように打ってください。これだけでフェースの芯でボールの芯をヒットする練習になります。

 次に両目の真下にボールを置いて打つ、です。ここがショットとパッティングの最大の違いです。ショットよりもさらに前傾を深く、お尻を突き出し、顔を前に出します。それで初めて両目の下に、ボールがあるような構えになります。できるだけこの構えを最後まで崩さずに打ちます。打った後にボールを顔ごと追いかけてしまう人がいます。「入れたい」という気持ちはわかるのですが、スイングをしている途中で、顔が動くことは百害あって一利なしです。顔をスイング中に動かすくらいなら、ジョーダン・スピースのように最初からターゲットを見て打ったほうが、まだ理にかなっています。少なくともスイング中に顔が動くことはありませんから。

二等辺三角形の頂点

ラインを読むためには、自分を頂点にした二等辺三角形をつくり、そこから傾斜を読む。両サイドから必ずチェックする

写真

 握りは好みでいいのですが、左への引っかけが多い人や、低く長く真っすぐフェースを出したいのなら、クロスハンドグリップなどを試すのもいいかもしれません。私も試しました。けど、私の場合、テークバックで揺れてしまうんです。だから怖くて本番ではできません。テークバックがうまく上がるのなら、クロスハンドは試す価値がある握りです。パッティングの極意は、ターゲットに対して、低く長く真っすぐにクラブヘッドを出すことにあります。そのためにはクロスハンドはとても理にかなっていると思います。

 次にラインの読み方です。最低でも4方向から傾斜を見てください。ボールの後方線上、カップの反対側、そしてボールとカップを結んだラインの両サイドです。特に傾斜を見るには、カップとボールを結んだラインの両サイドからプロは必ず見ます。ボール、カップ、そして自分を結ぶ二等辺三角形の頂点から見るようにしています。それでも傾斜がわからなかったら、ラインからどんどん離れていきます。離れたほうが傾斜は見えやすくなります。

ボウリングの要領で

腰を下ろして下手投げでボールを投げてみる。自分の振り幅とスイングスピードがこれでわかる

写真

 傾斜を確認した後は、タッチの出し方です。タッチははっきり言ってイマジネーションです。いい方法があります。ボウリングを転がすように、腰を下ろして下手でボールをカップまで転がします。ポイントは下手で、腰を下ろして転がすイメージを浮かべることです。突っ立って、ボールを転がしてもタッチのイメージは決してわきません。腰を下ろして転がした時の腕の振りの速さが、自分のスイングの速さです。ゆっくりと大きく振りたい人もいれば、小さく速く振りたい人もいます。これがパッティングのタイプです。大きくゆっくり振りたい人は肩でストロークするタイプの人だし、小さく速く振りたい人は、スナップを利かせて振ると意外にタッチが合ったりします。タイプによってリズムも違うし、打ち方も異なるのがパットです。

 距離の合わせ方を最後に教えます。私はロングパットはオープンで構え、できるだけ両目でカップを見るようにしています。両目で見たほうが、ヒトは空間認識がうまくできるようにできているように思うからです。ロングパットの距離の合わせ方で悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれ、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ