トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

スコアに直結!まずはクラブの種類と特性を知ろう たくさん試して自分の打ち方に合ったパターを探すべし

2018年8月16日 紙面から

 今週と来週でパットのレッスンをします。パットには専用のクラブを使います。ご存じの通り、パターですね。ゴルフクラブの中で、これほどいろいろな種類があるものはありません。シャフトの長さ、フェースの形状など、まさに千差万別。これらの特性を知ることは、パット上手になる第一歩と言ってもいいのです。(取材・構成 青山卓司)

プロは1R30以内

 プロはだいたい1ラウンドでパットを30打以内にすることを目標にしています。ハーフラウンドで計算すると、2パットを6ホール、1パットを3ホールで15になります。こう考えただけでも、相当に難しいと思いますよね。そうなんです。パットほど難しくて、スコアに直結するショットはないのです。

 だからこそ、自分の打ち方の癖を知り、その打ち方に合ったパターを見つけることがとにかく大切なのです。パターは、ゴルフクラブの中でも、比較的試打がしやすいクラブです。どんどん試して、自分に合ったクラブを見つけてください。

パターにはさまざまな種類がある。自分の打ち方にあったパターを見つけることが大切

写真

 パターの種類と特徴をまずざっと説明します。

 形状で言うと、パターは3種類あります。かまぼこのような奥行きが大きいマレット、奥行きが少ないピン、そしてシャフトがクラブフェースの端についているL字です。マレット型は直進性が高く、L字は操作性が高いクラブで、「ピン型」はその中間という言い方ができます。ピン型は直進性と操作性のバランスがよく、初心者におすすめです。

 操作性が高いとは、パターのフェースの開閉が強いということです。アイアンのように、インサイドからインサイドに振って、フェースの開閉を使いながらボールを打ちたいのなら、L字タイプが向きます。ただし、フェースが開閉しやすい(操作性が高い)分、ボールの直進性は低くなります。ミスショットをするとボールが打ちたい方向から大きくはずれやすいのです。

五角形つくり肩で

(上)マレット型とピン型では構え方も異なる。マレット型はクラブの真上に目がくるように構え、ピン型は少し距離を離した方が構えやすい (下)同じピン型でも樹脂のインサートが入っているものと金属の削りだしのフェースのものがあり、打感の柔らかさや転がりが異なってくる

写真

 マレット型は、その逆でフェースの開閉をほとんど使いません。フェースを真っすぐ引いて、真っすぐ出したいタイプにおすすめです。オートマチックに真っすぐボールが出るように打つので、ミスショットに強い分、直進性が高いので、ラインを読んでも、イメージ通りに曲がらないということもあります。フェースの開閉を使わないので、両肘を曲げて、五角形をつくって肩でストロークをするような打ち方が向いています。

 ピン型は、マレットほど直進性が高くなく、操作性もある、バランスのいいクラブです。私のエースパターもこのピン型です。ただし、私のピン型は非常に特殊で、バランスで言うと、マレット型なのです。形はピンで打ち方はマレットに適したタイプなのです。あくまで個人的な意見ですが、マレットはその形状から、何となく目標にクラブフェースを合わせにくく感じてしまうのです。だから見た目はピンで、打ち方は直進性の高いマレットというパターを探して、それを私はエースにしました。さらに言うと、同じタイプのパターでも、インサート入りとなしにも分かれます。私の場合、ピン型に樹脂のインサートを入れて、打感を柔らかくしています。インサートの中でも硬めのものから柔らかいものまで、さまざまな素材のインサートがあります。

高価じゃなくて◎

 ほかにシャフトを長くした長尺や中尺というパターもあります。アンカリング(グリップエンドを体につけて行うストローク)が禁止されているので、それさえしなければ、長尺や中尺も試してみてもいいでしょう。かがまなくていいので、まず構えやすく、テークバックもオートマチックに引きやすい設計になっています。左への引っかけに悩んでいる人は、シャフトがフェースの真ん中にささっているセンターシャフトもおすすめです。とにかく見た目よりも、いかに自分の打ち方に合うクラブを見つけるかです。高価でなくてもいいのです。自分に合ったパターを見つけたら、それを大切にしてください。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれ、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ