トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

「スライスしやすい」「入射角狭い」受け入れて振ろう 一番難しいライ

2018年8月2日 紙面から

 難しいライになればなるほど、大切なのは「ちょっとした工夫」。どんな球が出やすいか、どんな失敗をしやすいかを知った上で、小さな工夫を積み重ねれば、ナイスショットはできると、高山忠洋プロは力説します。つま先下がりの左足下がりの複合のライも、正しい知識とちょっとした工夫で、克服は可能です。 (取材・構成 青山卓司)

「ゴルフ偏差値」上がる

 傾斜地のライの中でも、最も難しいとされるのがつま先下がりと左足下がりの複合です。どちらもスライスが出やすいライなので、2つが合体したら、もうスライスしか出ません。しかも左足下がりは、ボール後方の地面がボールよりも高い位置にあるため、入射角が狭く、ミスショットがしやすいのです。

 この2つの特徴をわかった上で、構えて、振れば、そこそこのショットは打てます。これが私が言う「ちょっとした工夫の積み重ね」です。プロや上級者と、アベレージゴルファーの最も大きな違いは、難しいライでのどれだけ思ったように打てるかだと思います。簡単なライからなら、ナイスショットも打てますが、難しいライからそこそこのショットを打てるようになった時、あなたの「ゴルフ偏差値」は、相当に上がっているはずです。

ヒール 地面に当たると

写真

 狭い入射角への対応方法からレッスンします。2つあります。ボール位置とスイング軌道です。ボール位置は基本的に右足寄りにしてください。左足下がりのライはボールが上がりにくくなります。だから無理にでも上げようと、ボール位置を左足寄りにする人がいます。ボール位置を左足寄りにすればするほどボールの位置は下になります。それだけダフりやすくなるのです。上がらなくていいから、ボールは右足寄りが鉄則です。

 次にスイング軌道です。少しアウトサイドインになるようにオープンで構えます。これもボールと地面の傾斜の関係からの備えです。インサイド軌道でボールをヒットしようとすると、フェースのヒール部分が地面に当たりやすくなります。ヒールが先に地面に当たったら、フェースが回転して左を向きます。スライスしやすい左足下がりのライで、思い切り左に打ってしまうミスは、このヒールが地面に当たったことによる、フェースの返りが原因です。だからヒールが当たらないように少しでいいので、アウトサイドから入るようにしてください。

スタンスは少し広めに

写真

 体重は右ではなく左にかけて振ります。インパクトの後に、右足が前に一歩出るくらいでも構いません。スタンスは少し広めにとって、膝も曲げて打ちます。曲げた膝の角度のキープは基本でしたね。

 先週でも言いましたが、素振りで必ず、自分のスイングの最下点を探してください。スタンス広め、膝を曲げて、それをキープしながら80パーセントくらいの力で振ってみてください。最下点にボールはくるように構えてください。それがあなたのスイングの最適なボール位置です。

コースとけんかしない

 難しいライでは、難しいクラブを持たないことも大切です。スプーンやロングアイアンでミスショットをするくらいなら、ミドルアイアンを80パーセントの力で振ったほうが、はるかにいい結果を得ることができます。それが次のナイスショットを呼ぶのです。

 決してフルスイングはしないこと、難しいクラブを持たないこと。スライスが出やすいライなら、スライスを打ってください。球が上がりにくいライなら、低い球を打ってください。コースとけんかをしても、勝てません。あるがままを受け入れる、コースに合わせて振ることが「ちょっとした工夫」なのです。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれ、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ