トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

フックが出やすい傾斜地こう打つ 2打目以降避けては通れない…きつい角度はフルスイング厳禁

2018年7月26日 紙面から

 広大な自然が相手のゴルフは、第2打以降では、ほぼ傾斜のある場所からのショットと言ってもいいでしょうか。そこが平らなところでしか打てない練習場との大きな違いです。克服するためには、ちょっとした注意点に気をつけることと、高山忠洋プロは言います。今週はフックがでやすい傾斜地からの打ち方です。 (取材・構成 青山卓司)

影響を常に判断

写真

 傾斜地からのショットは、ゴルフをする上で避けて通れません。練習場のように真っ平らなところから打てるのは、実際のコースではティーグラウンドだけと言ってもいいでしょう。第2打からはすべてのショットに傾斜があります。ショットに影響を与える傾斜なのか、そうじゃないのか。それを判断しながら打っていかなければなりません。ある程度の角度がある傾斜地に対して言えることが1つだけあります。きつい傾斜地でフルスイングは厳禁ということです。

 きつい傾斜があるということは、通常以上にバランスが悪いところに立ってスイングをするということです。無理な体勢でフルスイングをすれば、それだけミスの確率が高まるということです。練習場でうまく打てるのに、ラウンドで打てないと悩んでいる方、多いと思います。当然です。コースでは、練習場と同じようなスイングはできないと思ってください。それを知っているから、プロはボールのライに対して敏感です。だからうまく打てるのです。フルスイングをしているように見えて、フィニッシュを少し小さくするとか、グリップを短く持つとか、ボール位置をいつもより右寄りにしているとか、細かいところに神経をとがらせて、打っています。これがコースでの打ち方です。

左に飛びやすい

左足上がりのライ・連続写真

写真

 ライ別に打ち方をレッスンしましょう。左足上がりのライから教えます。左足上がりのライは、ボールの手前にクラブを入れるだけのスペースが十分にあるため、最も簡単に打てる傾斜地と言われています。気を付けるのはボール位置です。ボールの位置をスタンスの真ん中ではなく、少し右寄りにしてください。基本的に左足上がりのライでは、ボールは左に飛びやすいようになっています。特にショートアイアンやウエッジで打つ時は、左方向に飛び出しやすいのです。ボール位置も左側にいけばいくほど引っかけの傾向が出やすくなります。だから右寄りに置きます。

 どれくらい右寄りに置けばいいかは、素振りで決まります。同じような傾斜で素振りをします。その時、ソールが芝を払った位置が最下点です。その最下点にボールがあるようにスタンスを取ればいいのです。

最適な見つけ方

つま先上がりのライ・連続写真

写真

 これが最適なボール位置の見つけ方です。これはどの傾斜でも、応用がきくので、ぜひ、覚えておいてください。

 傾斜の角度にもよりますが、基本的にトップはコンパクト、フィニッシュもスリークオーターで十分です。私なら150ヤードのショットに8番アイアンを使いますが、傾斜からなら140ヤードほどに抑える振り方をします。左足上がりの緩い傾斜地から150ヤードを打ちたいのなら7番アイアンを選択します。

 つま先上がりも考え方は同じです。ボールに近づく分、クラブを短めに持ち、ボール位置は右めにします。スリークオーターショットで届くように番手を上げ、ターゲットより、右めを狙って打っていきます。つま先上がりの時は、重心をあまりかかと側に置くとバランスを崩すので、重心をつま先側にして振ってください。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれ、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ