トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

ピッチエンドラン極意 失敗しにくい!!上げて転がすおすすめアプローチ

2018年7月12日 紙面から

 アプローチの第2週は、転がし。いわゆる「ピッチエンドラン」と呼ばれるものです。最も失敗の確率が低く、たとえ失敗しても、ちゃんと寄るというのが、高山式のピッチエンドラン。コツはソールの使い方にありました。(取材・構成 青山卓司)

割合は練習で把握!

 アマチュアゴルファーにもっともお薦めなのが、上げて転がすアプローチです。いわゆる「ピッチエンドラン」と呼ばれる打ち方ですね。失敗が少なく、しかも失敗しても、寄る確率が高いアプローチです。私がピッチエンドランを選択する時に、もっとも重要視しているのが「落としどころ」です。どこに落とすのが一番いいのか。そして、その地点に落として、どう寄せるのかを考えて、クラブを選択します。

 落としどころは、できる限り平らなところを選んでください。凸凹したところや斜面は避けます。その落としどころがボールの地点からピンまでの間のどこにあるのかで、クラブが決まってきます。ボールとピンまでの距離のちょうど真ん中あたりなら、キャリー1に対してラン1。1対1の割合で打てるPS(ピッチングサンドウエッジ)というクラブになります。

 平らなところがもっと手前で、キャリー1に対してランが3の割合が必要なら9番アイアンを使います。クラブの選択と、キャリーとランの割合は個人差があるので、それはみなさん、練習で自分の割合を把握するのがいいでしょう。割合の見方は、落としたところから、ピンまでのライも考えてください。平らなところがなく、距離では1対1でも、ピンまでずっと上っているのなら、距離を倍に見て、1対2と考えてピッチングウエッジを選択します。

写真

ダフっても問題ない

 次に構え方と打ち方です。ポイントはソールです。上げるアプローチの時はスタンスを低く、大きく取りました。転がす場合は、それと真逆です。高く、狭く構えます。私の場合、スタンスはほとんど開きません。ボールの近くに立ち、ハンドアップして構えます。そうすると、クラブフェースのヒール側が浮きます。これがコツです。ソールを滑らせて打ちたいので、ソールをすべて地面につけて打つのではなく、ヒールを浮かせて、3分の2ほどの幅でソールを滑らせて打ちます。多少ダフっても、そのまま地面を滑ってくれるから、ミスショットにもなりにくいのです。

ヒールを浮かせて、3分の2の幅のソールを滑らせて打つ

写真

ボール真ん中かやや右

 ハンドファーストで打ちたいので、ボールの位置はスタンスの真ん中か、少し右めにしてください。ハンドアップしたいので、高く構えるのですが、棒立ちではクラブをスムーズに振ることができません。少し膝を曲げ、柔らかく振る準備をします。その膝の角度を最後まで変えないでください。

コックは意識しない

 最後に距離の合わせ方です。アプローチやパットなど、距離を合わせるためのスイングで大切なのは、スイングのスピードを一定にすることです。バックスイングとダウンスイングのスピードを同じにして振ってください。バックスイングが速くて、ダウンが極端に遅くなっても、逆にバックスイングが遅くて、ダウンで急激に加速させても、距離を一定にして打つことは難しいのです。距離を正確に打つためには、振り幅を一定にするだけでなく、振るスピードも常に一定にさせることです。コックは意識しません。シンプルに、体の回転だけで上げて、下ろしてください。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれ、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ