トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

高くあげるアプローチのコツ 難易度高め…でも必要な状況ラウンド中訪れる

2018年7月5日 紙面から

 今週から、高山忠洋プロが得意とする小技のレッスンです。今週はその中でも特に難易度が高い、上げて寄せるアプローチ。ライの見極め、グリーンの状態、構え、最後に思い切りが、上げるアプローチには大切と高山プロは言います。 (取材・構成 青山卓司)

難しければ転がす

 最初に断っておきます。上げるアプローチは、難易度が高いです。プロでも失敗をする可能性がある技です。それでもラウンドでは、何度か上げざるをえない状況がおきます。その時、どう打つのかを教えましょう。

 ポイントその(1)「ライの見極め」 バンカー越えのアプローチなど、どうしても上げなければならない状況になったとします。まずボールがある状況を入念に観察してください。最も望ましいのは、芝の上に浮いている状況。クラブフェースがボールの下に入りやすいので、それだけ上げやすくなります。逆に芝が薄かったり、硬い土のライだったりしたら、上げるアプローチはあきらめてください。ピッチ・アンド・ランでとりあえずグリーンに乗ればいいと、割り切ってください。プロはいとも簡単にボールを上げて止めているように見えますが、打つまでに、成功の可能性を必死で見極めているのです。失敗しそうなら、やらない。だから成功するのです。それほどライの見極めは成功のための大切な要素です。

クラブフェースの開き方。ティーペグの指す方向に、ボールが飛んでいく

写真

スイングは「U」字

 ポイントその(2)「広く、低く構えろ」 次に構えです。ボール位置は通常よりも、左側にあるように構えます。スタンスは少し開く。その分、フェースも開く。これでボールを上げる準備ができました。最後に構えです。スタンスはボールを上げたければ上げたい時ほど広く、そして重心を落として低く構えてください。いわゆるハンドダウンという構えですね。低く構えるのは、フェース面を有効に使うため。そしてスタンスを広くするのは、バウンスを有効に使うためです。上げるアプローチのスイング軌道は、英語の「U」の字です。決して「V」の字では振らないでください。スタンスの幅が広くなると、それだけ軌道が穏やかに下りてきます。スタンスは開いているから、自然と軌道もアウトサイドから入って、インに出せるようになります。アウトサイドインの軌道でフェースを開くから、ボールはフェース面を斜めに横切るイメージになります。これで強くスピンがかかり、キャリーが出なくなります。バウンスが使えるなら、ボールの手前にクラブを落としても、芝の上を滑って、ボールにヒットします。

高山忠洋プロのアプローチ連続写真

写真

上がるが飛ばない

 ポイントその(3)「勇気を持って、思い切りよく振る」 これでボールが上がる準備が終了しました。あとはクラブを信じて、思い切りよく振ってください。大切なのは体の回転です。決して腕で無理やりしゃくり上げようとしないでください。振り幅も30ヤードくらいなら、もうフルスイングするくらいの振り幅でいいのです。フェースを開くことさえできれば、ボールは上がりますが、飛びません。

 ロブを打つ時などは、サンドウエッジでフルスイングしても10ヤードほどしか飛びません。正しくないスイングで、トップしたり、ざっくりしたりしている間に、上げることへの恐怖感が芽生えます。そうなると、スイングが硬くなり、正しい飛距離がわからなくなってしまうのです。

 まずは練習場で、リラックスした状態で、遊びながら、フェースを開いて打つという感覚を身に付けることです。自動ティーアップの練習場なら、少しだけボールを高くしてサンドウエッジで打つ練習が有効です。

 低く大きく構えて、思い切りよく打つ。これで上げるアプローチは必ず成功します。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれの、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ