トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 高山忠洋のツアープロはこう打ってる一覧 > 記事

ここから本文

【高山忠洋のツアープロはこう打ってる】

2種類のスイング軸 大切なのは前傾姿勢の維持

2018年6月7日 紙面から

 スイング軸は、ゴルファーなら誰もが意識するもの。ただし、高山忠洋プロが特に大切にしているのは、横の軸よりも、むしろボールと体の距離を左右する、前傾姿勢の維持。これが意外にできていない人が多いんです。 (取材・構成 青山卓司)

力むと3点がブレる

写真

 スイング軸とは体の中心を貫く軸。この軸には太さがあります。スタンスの広い人は、それだけ軸も太くなるし、スタンス幅が狭い人は、体重移動が少なくなる分、細くなります。

 次に前傾姿勢を保つための縦の軸。これは体とボールの距離を常に一定にするための軸です。これをとにかく振り始めから、フィニッシュまで維持してください。この軸が前後に動くと、ボールとの距離が変わります。ダウンスイングで体が起き上がると、腕がその分高くなり、フェースは開きます。逆に遠心力に負けて近づいたら、フェースは下を向き、チーピンの原因になります。

 大切なのは膝、腰、目線の3点がスイング中に動かないこと。この3点が動くと、前傾は維持できません。力んだり、力いっぱい振ろうとすると、ここがおろそかになります。前傾の維持だけはスイング中、常に意識するようにしてください。

個人のタイプで変化

 逆に左右の太さは、個人差が出ます。太さはスタンスの広さに大きく影響されます。広ければ、軸はそれだけ太くなるし、狭ければ、細くなります。スタンスの広い私は、太いタイプ。2軸と言ってもいいでしょう。バックスイングから右に体重を移していき、左足はヒールアップします。トップでは完全に右足に体重を乗せきります。ダウンスイングでは左足に体重を移していき、フィニッシュでは完全に左足だけで立つくらい、体重を移します。

 私は高校まで野球をやっていたので、スイングにも野球の影響が少なからず残っています。バッティングでは体重移動は必ずします。特にトップでは、軸足に完全に体重を乗せます。イチローさんのイメージですね。

 スタンスの狭い人はこの体重移動が少ないか、ほとんど意識しない人です。無理に体重移動をしようとすると、スタンス以上に体が動く、スエーという悪い動きになります。軸が細く、その場でコマのように回転して打つタイプです。これもゴルフスイングでは、正しいのです。太い軸でも細い軸でも、これは好みというかタイプですね。

 スタンスを狭く体重移動をしない方が振りやすいのか、スタンスを広く体重移動をしっかりやった方が振りやすいのかは、もう本人の動き方のタイプです。

右右左で肩出さない

 ただし、試してみる価値はあります。例えば、この軸の太さは、何に影響するかというと、クラブの入射角に大きく影響を及ぼします。体重移動が大きいということは、それだけ入射角が穏やかになります。入射角が急になればなるほどアップライトに入って、スライスしやすくなる傾向があります。入射角を穏やかにして、ドローを打ちたいのなら、体重移動を意識して、少しスタンスを広めにとってみるのはいかがでしょうか。その時注意したいのは右肩です。ダウンスイングで右肩が出てしまっては、せっかくの体重移動が台無しになります。トップで右足に体重を乗せて、そのまま右肩を出さないように左足に体重移動をしていくのです。

 「右から左」ではなく「右、右、左」のイメージです。

 ▼高山忠洋(たかやま・ただひろ) 1978(昭和53)年2月12日生まれの、和歌山市出身の40歳。176センチ、75キロ。和歌山・星林高までは野球に打ち込む。3年で引退後にゴルファーになる決意をし、卒業後に岐阜県美濃加茂市の法仙坊ゴルフ倶楽部の研修生に。3年後の1999年にプロテスト合格。ツアー通算5勝。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ