トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 佐藤信人のスイング処方箋一覧 > 記事

ここから本文

【佐藤信人のスイング処方箋】

ロブショットが打てると楽しみが広がる ラフで球が浮いていればOK!ライの見極め大切です

2019年2月7日 紙面から

 グリーン周りのラフから球をふわっと高く上げ、グリーンにぴたっと止まるショットをしたいと思ったことはありませんか。今週は佐藤信人プロに、ロブショットを教わります。アマチュアの人なら、ロブショットはアプローチのおまけとして覚えるぐらいでいいそうです。ただ、打ち方を知るとショットの幅が広がり、ゴルフの楽しみ方がまたひとつ増えることにもなると佐藤プロは言います。 (取材・構成 末松茂永)

写真

右には飛ばない

フェースを寝かせるぐらい思いっきり開くことが成功条件

写真

 ロブショットは、アマチュアの人にとって憧れのショットかもしれません。でも、プロにはそれほど難しいショットではありません。大切なのは球の状況(ライ)判断です。球が地面にくっついて、クラブを入れるスペースがないようなライで、ロブショットはできません。平らな花道もライとしては適しておらず、プロでもなかなかうまく打てません。ロブショットができるのは、ラフで球が浮いている状態の時です。この見極めさえできれば、アマチュアの人でもロブショットはできると思います。

 ロブショットは、サンドウエッジで高い球を打つことです。最初の手順は、フェースを寝かせるぐらい開くことです。アマチュアの人を見ていると、このフェースを開くことに抵抗を感じる人が多いように思えます。フェースが右を向くので、右に飛びそうな感じがするからでしょう。

 フェースの向き通り右に飛ぶことはありません。違和感を覚える人は「フェースを寝かせる」「フェース面を真上へ向ける」といったイメージに変えてみるのもいいかもしれません。卓球やテニスで球にスピンをかけようとする場合、ラケットの面を上に向けると思いますが、そんな感じです。フェースを開くとハンドファーストに構えられませんが、それで大丈夫です。

振る速度 一定で

 とにかく高い球を打つイメージを持ってください。そうすればおのずと、球は少し左足寄りに、体重配分はやや右足体重に(右打ちの場合)、フィニッシュは高い位置になります。球をふわーっと上げたいので、ゆっくり振りましょう。クラブヘッドを加速させるのではなく、一定の速度で振る意識を持ってください。高い球をゆっくりとしたスイングスピードで打つので、スイングは自然と大きくなります。短い距離に対して大きなスイングをするのは勇気がいりますが、練習で慣れてください。

フェースを開いた構え。ハンドファーストは意識しない

写真

引き出し 増える

 僕も若いころは10歩や15歩の距離のところに的をつくって、ロブショットの練習をしました。プロの試合はグリーンが硬くて速いので、ロブショットが求められます。一方で、アマチュアの人がロブショットをしなければならない状況は、ほとんどないと思います。ただ、ゆっくり大きく振るとこんな球が出るんだと知ることは、ショットの引き出しを増やすことになります。ぜひ、練習場でその感覚を身につけて、ショットの幅を広げてください。

【担当記者のなるほど!】

ライさえ良ければ、実は簡単なんです

 「これならロブショットができますよ。勇気を持ってゆっくりと振り抜いてください」と佐藤プロがラフの上にそっと置いた球を打ってみました。果たして、球はバンカーを越えてピンの手前に止まりました。成否は、球の浮き沈みの見極めでほとんど決まるようです。ライがよければロブショットって実は簡単だよ、が今週のメッセージです。 (す)

 ▼佐藤信人(さとう・のぶひと) 1970(昭和45)年3月12日生まれ、千葉県習志野市出身の48歳。179センチ、75キロのドローヒッター。幼少期に父親の影響でゴルフを始め、中学3年ごろから本格的に取り組む。高校卒業後は渡米し陸軍士官学校、ネバダ州立大で学び、1993年にプロテスト合格。97年にツアー初優勝し、国内メジャー3勝を含むツアー9勝。海外メジャーにも出場。現在はゴルフ解説者としてテレビや雑誌の仕事のほか、男子ツアーのコースセッティングに携わる。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ