トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 佐藤信人のスイング処方箋一覧 > 記事

ここから本文

【佐藤信人のスイング処方箋】

球の先のターフが取れる!憧れの技術を身につけましょう ダウンブロー誰でもできる練習法

2018年12月6日 紙面から

 アイアンで球の先のターフ(芝)を取るのは、アマチュアにとってあこがれの技術です。「難しくて無理」と諦めている人もいるかもしれません。そこで、佐藤信人プロから誰でもすぐにできるダウンブローを身につける練習法を教えてもらいます。 (取材・構成 末松茂永)

前の球をダウンブローでとらえる佐藤プロ

写真

適切な入射角覚える

 まずは、子どものころに何度も繰り返した練習を紹介します。球の飛球線上、靴1個分後ろにティーを刺します。ティーを刺せない場所でしたら、ゴルフの球でもかまいません。何か2〜3センチほど高さのある障害物を置いてください。この状態で球を打ちましょう。

 コック(手首の角度)を早くほどくアーリーリリースの人は、ティー(球)を打ってしまいそうな感じを覚えるかもしれません。実際に打ってしまう人もいるでしょう。障害物を避けようと、トップしてしまう場合もあります。

 この練習は、ダウンブローの適切な入射角を身につけるのが目的です。障害物を避けるためだけのスイングはやめてください。代わりの練習として、球の2センチほど後ろにコインを置いてみるのもいいでしょう。

 球を使わない練習もあります。地面に線を引き、その線の先(右利きなら線の左側)の地面をアイアンで削っていきます。アーリーリリースだと地面を削れないため、ハンドファーストで打つ感覚が養われます。古典的ですが、プロなら誰もがしたことのある練習だと思います。

写真

球より10センチ手が先行

 ダウンブローで打つには、手が球より先行するハンドファーストでのインパクトを意識しましょう。アドレスの時と手の高さは同じですが、インパクトでは球よりも10センチぐらい手が先行します。頭で描くイメージでは、さらに先行させてみるといいでしょう。

 レッスンでハンドファーストのインパクトを教えると、アドレスからハンドファーストで構える人がいます。アドレスからハンドファーストにする必要はありませんので、気をつけてください。アドレスは両腕とクラブで大文字のYをつくり、インパクトでは小文字のyの形になるのが、ハンドファーストのインパクトです。

写真

小さな振り幅でOK

 最後にもう一つ。小さな振り幅の素振りでいいので、クラブで地面をポンと擦ってみてください。グリーン周りでアプローチをするようなスイングの大きさでかまいません。人工マットでも家のじゅうたんでもできます。この時、ドンと上からたたきつけるような感じではなく、ちょうどよくポンと擦れることが大切です。クラブを地面に当てながら、うまい具合に振り抜ける人は、ダフリもトップも少ないタイプです。クラブの落とし場所をポンと擦れる感覚を身につけてください。

【担当記者のなるほど!】

乾いた音とターフのわらじ跡…プロは別次元

 プロゴルファーを間近に見て感嘆するのは、アイアンの芯で球をとらえた時に奏でる乾いた音です。自分のアイアンの音とは別次元のため、心地よさも同時に味わっています。そしてターフの跡がわらじのように長いこと。インパクトゾーンが長いからミスが少ないことが一目瞭然です。いつの日かダウンブローでわらじのターフを取るのを夢見て、練習に励みます。 (す)

 ▼佐藤信人(さとう・のぶひと) 1970(昭和45)年3月12日生まれ、千葉県習志野市出身の48歳。179センチ、75キロのドローヒッター。幼少期に父親の影響でゴルフを始め、中学3年ごろから本格的に取り組む。高校卒業後は渡米し陸軍士官学校、ネバダ州立大で学び、1993年にプロテスト合格。97年にツアー初優勝し、国内メジャー3勝を含むツアー9勝。海外メジャーにも出場。現在はゴルフ解説者としてテレビや雑誌の仕事のほか、男子ツアーのコースセッティングに携わる。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ