トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」一覧 > 記事

ここから本文

【内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」】

片手打ちをマスター アプローチ精度が大幅向上

2014年11月13日 紙面から

左腕一本のスイングは中指、薬指、小指の3本で振ろう!!

写真

 今週は左腕リードのアプローチを身に付けましょう。そのためには左腕だけで振れるようにしましょう。これができるようになると、アプローチの精度は相当に高くなりますよ。

手打ちを矯正!!少しハンドファーストに構える!!

大事な左腕リード

 スイングは左腕リードが基本です。だからアプローチも左手主体で打つように心がけてください。短い距離になると、どうしても利き腕の右腕を使いたくなります。これは無意識にみなさんがやってます。それを矯正するには少しハンドファーストに構えて、左腕リードで打つことです。左腕一本で振ることができたらアプローチは簡単。右腕も一本だけで打ってみてください。練習は左腕9、右腕1の割合でいいでしょう。

 左腕のスイングで大切なのは中指、薬指、小指の3本をしっかり握って振ることです。人さし指と親指に力はまったく入れません。そしてインパクト後に左手甲を決して折らないこと。そのまま体の回転を使って振ってください。

写真

右腕一本もトライ

 右腕のスイングは右脇を締めて、右手首の角度を変えずに振ってください。右ひじが脇腹にくっついたままで振っても構いません。それくらい小さな振り幅で構いません。スタンスはオープンでもスクエアでも構いません。自分が振りやすいスタンスにしてください。あまり大きなスタンスは必要ありません。

 この一本の腕だけで振るスイングは、右腕と左腕の役割の理解にも役立ちます。だから、当然ショットにも生きてきます。コツは手首の角度の維持です。最初は素振りから。少しずつ慣れてきたら、小さな振り幅でボールを打ってください。大きくても8時から4時くらいの振り幅までで構いません。難しいですから、こつこつとできるようになるまで続けてください。

◆今週の宿題

最初は小さな振りで

 今週は「左腕と右腕の一本スイングでボール打ち」です。まずは片腕でスイングしてください。とにかく小さなスイングから始めること。8時から4時くらいの振り幅で結構です。ボールを打たなくてもいいから、まずは素振りで片腕スイングになれてください。

 慣れたらボールを打ってください。最初はまともに当たりません。ダフリ、トップは当たり前。空振りもすると思います。根気強く続ければ、クリーンに打てるようになります。この片腕スイングできれいにボールが打てるようになったら、スイングが格段にきれいになります。難しいと思いますが、トライしてください。

脇を締め、体を回転。う〜ん。難しい…。ストレスたまる

写真

◆宿題やってみました

矯正成果がすぐ出て驚き

 ゴルフ歴30年、スコアはその約3倍。中日スポーツ編集委員の高野行正が宿題をやりました。片手スイングはこれまでも練習場でやったことはありますが、ダフリ、トップ、ソケットの連発でした。今回は左手首の角度を維持することに注意しましたが、結果は散々。でも宿題なので我慢して打ち続けました。

 ストレスが限界に達したところで、気晴らしに両手でアプローチスイングしたら、あら不思議! ボールは心地良い打感で柔らかいアーチを描いて飛んで行くじゃありませんか。

 理由は片手スイングの練習で脇を締め、体の回転で打とうと心がけた結果だと思います。手と腕の力だけでボールをまともに飛ばすことはできません。脇をしっかりと締めることで腕と体を一体化させれば、体の回転でスイングできるのを実感しました。

 片手スイングは相変わらず失敗続きですが、内藤コーチが指摘するようにこの練習はスイングの基本で、ショットにも生きてくると信じて取り組んでいきたいです。

 内藤「わたしの狙った通りの上達を、高野さんはしてくれています。そうなんです。左腕のスイングはそれだけ難しくて、習得に時間はかかります。でも、左腕一本で打つ練習をしていれば、確実にスイングはよくなります。両腕で振ったら、本当にうまく打てるようになりますよ。プロでも、この左腕一本のスイングは練習に取り入れています。高野さんが言う通り、今後も続けていってください」

 ▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ) 1969(昭和44)年9月18日生まれの45歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1998年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。契約プロゴルファーの多数のツアー優勝を支えた。海外のツアーにも精通している。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

 <教えてください> ゴルフに関して、あなたが取り組んでいる練習方法などを教えてください。150文字程度にまとめ、ファクス(052・231・0628)か電子メール(spo-golf@chunichi.co.jp)で送ってください。採用された方にはゴルフボールをプレゼントします。

 取材協力 ハイランドセンター 東京都杉並区高井戸東3−11−7 (電)03・3334・7111 レッスンなども随時受付中

 (毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ