トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 特選!レジェンド校 > 記事

ここから本文

【特選!レジェンド校】

「弱者の戦法」で全国席巻 広島商

2018年7月10日 紙面から

 守りか、奇襲か、バントの多用か、それとも精神野球か−。「これだ」とひと言では表現できずとも、確かに存在する。それが「広商野球」だ。120年に及ぼうとする同校野球部は2004年を最後に聖地から遠ざかり、今春は不祥事での謹慎も経験した。しかし、「広商」は常に高校野球の中心にあった。同校の選手として、そして監督として夏を制覇した迫田穆成(よしあき、79)=現広島・如水館高監督=の足跡をたどりつつ、日本の高校野球を席巻した広島商の本質に迫る。 (文中敬称略)

ナインを見守る如水館・迫田穆成監督

写真

弱さを自覚して勝つ

 弱いから、勝つ。禅問答のような言葉が浮かぶ。

 広島商の選手は甲子園で敗れた際に土を持って帰らない。甲子園は“広商の庭”であり、いつも来る場所、そして、勝つために来る場所だから。

 しかし「松山商、高松商に下関商…。(甲子園常連校は)みんなウチより強いと思ってましたよ」と迫田。下関商のユニホーム左胸にある「S」の一文字を見ると「『下商(しもしょう)のSじゃ』って、ドキドキしてました」

迫田穆成「3回泣いた」

 プライドと、謙虚さとが同居する。広商野球の本質は、そのあたりにありそうだ。

優勝旗を手にする迫田穆成主将を先頭に、場内を一周する広島商ナイン=1957年8月20日、甲子園球場で

写真

 高校時代、迫田の1学年上は山本一義、上土井勝利(ともに元広島、山本はロッテ監督も経験)ら、後にプロ入りするようなスター選手を擁する強豪だったが、甲子園では1956年春夏とも初戦で敗退した。

 そして、迫田が主将となる。最後の甲子園を懸けた57年夏、山口県と広島県のベスト4チームの8校が争う西中国大会。1回戦を勝っただけで「泣いた」というほど弱かった世代は決勝の広陵(広島)戦、3−0から1点差と迫られながら、9回のピンチをしのいで優勝。迫田は「3回泣いて、甲子園です」と述懐する。

 選手権。初戦は永井進(元阪急)−戸梶正夫(元阪神)と後にプロへ進むバッテリーを擁する育英(兵庫)を延長で倒し、「また泣いた」という。

学制改革で廃校扱いも

 強いと思っていないから、地区大会でも、甲子園の初戦あたりでも勝てば涙が出る。上田松尾(長野)、戸畑(福岡)、法政二(神奈川)と破り、夏4度目の優勝を手にした。

 広島県勢としては34年、藤村富美男(元阪神)のいた呉港中(現呉港)以来となる、戦後初優勝。原爆被害からの復興過程にあった町は沸いた。また、広島商自体も49年から5年間、学制改革により廃校扱いとなっていた時期があり、再開2期生となる迫田の代での優勝は、オールドファンを大いに喜ばせた。

どんなピンチも平常心

 弱さを自覚することで、どんな練習にも耐える。そして、どんなピンチも平常心で練習通りのプレーをする。この「弱者の戦法」にますます磨きがかかる。一つの完成形が16年後、今度は迫田が監督として臨んだ73年夏の第55回大会だろう。

 迫田は67年に監督就任し69年春、70年夏と甲子園出場を果たしたが、いずれも2試合目で敗退。その後2年間、甲子園から遠ざかった。「あの時の校長が『やったらどうか』ってね」。戦前の広島商精神鍛錬の伝説ともなっている、真剣の刃渡りだ。72年、夏の大会1週間前という時期に、一度だけ復活した。

 師範の指導の下、まずは2時間の腹式呼吸で気持ちを整える。「私もやりましたが、師範が『そろそろいいでしょう』と言った時の“無になる”という感覚を初めて知りました。2時間が、30分にしか感じないんですよ」という。

 飛び入り参加した社会人の指導者は「部屋中の空気を吸い尽くすくらい」派手な腹式呼吸をした揚げ句、集中しきれず刃渡りを断念したとも。それほど極限の精神統一を果たした者が、大刀、小刀の上に乗る。

スクイズでサヨナラ

静岡−広島商 9回裏に決勝のスクイズが決まってサヨナラ勝ちし抱き合って喜ぶ広島商ナイン=1973年8月22日、甲子園球場で

写真

 やり遂げた直後の練習では気が抜けてしまい「普通の飛球も捕れんようになるんですよ」という。そこまで追い込んだナインは翌年春、難攻不落と言われた江川卓(元巨人)の作新学院(栃木)を破って準優勝した。

 夏の第55回大会は、静岡との決勝戦、カウント2−2からのサヨナラスクイズという、いまだに語り草となるプレーで頂点を極めた。

 この大会で21度と多用したバントは「1度を除いて、すべて2ストライクから」であり、失策は広島大会を通じてもわずか「1」。土壇場でも平常心で臨める、絶対の自信を身につけた技術も“広商”であり、「もちろん、ガッツポーズも胴上げもしません」の振る舞いも“広商”だった。

  (西下純)

 ▼迫田穆成(さこた・よしあき) 1939(昭和14)年7月3日生まれ、広島市出身の79歳。55年広島商入学。57年夏は主将として全国制覇。67年同校監督に就任し、73年春準V、同年夏優勝などの成績を残す。93年に三原工(現如水館)監督となり、現在に至る。同校でも8度の甲子園出場(うち夏7度)を果たし、2011年夏はベスト8に進んだ。

 ▼広島商 1899年11月、広島商業学校として創立、同時に野球部も創部。1916年夏に選手権初出場を果たして以降、夏6度、春1度の全国優勝を記録。うち母校を4度優勝に導き、後にプロ野球の大阪(現阪神)、広島などの監督を務めた石本秀一をはじめ、鶴岡一人(元南海監督)、大下剛史(元広島コーチ)三村敏之、達川光男(ともに元広島監督)、山本和行(元阪神)、柳田悠岐(ソフトバンク)ら数多くのプロを輩出している。

全国に恐れられた戦法

 全国に恐れられ、その後に広がっていった“広商戦法”をいくつか紹介する。

◆ダブルスチール◆

 夏連覇を果たした1930年の2回戦。1点を追う9回無死一、二塁で石本監督が敢行し、逆転勝利につなげた。

◆空振りスクイズ◆

 打倒・江川のために行った練習。無死か1死の二、三塁で走者がスタートし、打者が空振りして捕手が三走にタッチする隙に二走が生還する。「バントもできん」(迫田)という江川の剛速球の逆手を取ろうとした。公式戦では使われていない。

◆3バント◆

 「そのカウントで決められたら相手バッテリーは嫌」(迫田)。精度を上げるため、練習では右打者は左打席で、左打者は右打席で。他の選手全員が大声でヤジる中、1球だけ、というバント練習を行った。

◆偽投◆

 57年西中国大会決勝。ライバルの広陵に3−0から1点差に追い上げられ、9回無死二塁から広陵の打者がセーフティー気味のバントを三塁前へ。ここで三塁手がとっさに一塁へ偽投。三塁をオーバーランした走者を刺し、ピンチを脱した。

「最近は甲子園の内野に芝生があるんか?」

「伝説」石本秀一の第一声

中日コーチ時代の石本秀一(1962年撮影)

写真

 広島商最高の伝説といえば石本秀一だろう。母校はもとより、プロでも監督として戦前の野球を大いに盛り上げた。迫田は42歳年下だが、広島商監督時に会っている。グラウンドを訪れた石本の第一声が「最近は甲子園の内野に芝生があるんか?」だったという。迫田は意図をつかみきれず「ないです」と返事。石本は「じゃあ、何でブルペンのマウンドとホームプレートの間に草が生えとるんじゃ!」と一喝。迫田にとって忘れられない、伝統校らしい逸話となっている。

【プラスワン】三村敏之らを育てた名伯楽 畠山圭司

迫田野球の仕掛け人

 迫田の時代に成熟を感じさせた変幻自在の広商野球。その影には迫田を監督に招いた前監督で、その後は野球部長を長年務めた畠山圭司(2006年死去)の存在があるという。

 畠山の指導下で66年、9年ぶりの甲子園出場を経験したのが三村敏之と同級の永山貞義(69)だ。法大に進学後、地元の中国新聞社に入社。運動部員、運動部長、編集委員などを経て、現在はフリーライターとして活躍している。

 「個の否定、全体で勝つ野球をたたき込まれた」と永山。極限での平常心を追求する過程では「先輩、後輩の関係も厳しかった。畠山監督は見て見ぬふり。そこで残るのが、気持ちの強い選手、という考え方でしたよ」と言う。

 しかし、ただのスパルタではない。とことん野球を研究する。研究した成果は当然、選手たちに猛練習を通じて伝えられるが、そこにとどまらないところに畠山の価値がある。

 毎年2月、「如月会」と称して、日本全国で野球の勉強会を行っていた。70人を超える指導者が、畠山門下生として“広商野球”を受け継いだ。PL学園・鶴岡泰、宇和島東・上甲正典らの名前もあった。広商野球=高校野球。そんな時代が、確かにあった。

(次回は8月24日掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ