トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 桑原克典の「使えるレッスン」一覧 > 記事

ここから本文

【桑原克典の「使えるレッスン」】

 今月は桑原克典プロに加えて、桑原プロと練習をしている近藤龍一プロがレッスンに参加。プロとアマのスイングの違いを解き明かしていきたいと思います。ドライバーに関して言うと、プロは飛んで曲がらない。アマは飛ばない上に曲がる。この違いはどこにあるのか。桑原プロが3人のスイングを比較しながらじっくりと解説してくれた。 (聞き手と構成 青山卓司)

写真

個性出てもいい飛ぶには理由が

 −近藤プロは桑原プロといっしょに練習をする間柄。どんなタイプの選手ですか

 桑原「体格を見ていただいてもわかるように、ドライバーの飛距離がハンパありません。そして曲がらない。それでいて個性あふれるスイングです。個性があっていい部分。ここは大切にしてほしい部分がスイングにはあります。それをわたし、近藤プロ、青山さんのスイングを比べながら明らかにしていきましょう」

 −スイングの比較ですね。興味深い

 「連続写真を用意しました。それぞれ個性が出てますね」

腕を使うのは× あくまで体中心

 −聞きたいのは、プロと青山のスイングの違いです

 「一番違うのは、スイング軸の支点の位置ですね。わたしと近藤プロの支点は背中側にあり、青山さんの支点は腕のあたりです」

写真

 −スイング軸の支点が飛びや曲がりにどう影響するのでしょうか

 「支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので、飛ばなくなります。アマチュアゴルファーの中には、支点が腕に近いところと、シャフトに分かれてしまっている人もいます。こうなると腕とクラブがバラバラに動くので、真っすぐ飛ばなくなります。青山さんのように支点が腕のあたりにある人は、腕の力で振っているということ。腕に頼っているうちはクラブヘッドの軌道は安定しません

 −支点は一つ、背中にあることが望ましいのですね

 「アマチュアは目に見える体の前で振ろうとしてしまいますが、体の後ろにある支点で回転できるようになって、初めてその場の回転で振れるようになります。体の後ろを意識してください」

左肩の後ろ周辺 回転軸を意識!!

 −ボールの近くに支点があるから体が余分に動いて上体が突っ込んでしまったり、逆にそれを修正しようとして上体が起きてしまうのでしょうか

 「わたしの場合は、左肩の後ろが支点になります。ここを中心にその場で回転しながら振っていきます。上体の突っ込みを防ぐためには、回転軸の支点を常に意識すること。それでも突っ込んでしまうのなら、上体を前に倒すのではなく、右にスライドするイメージで振ってみてください」

写真

横に長い楕円でインパクト長く

 −前後はダメでも左右はOKですか。近藤プロはどうですか

 近藤「わたしも支点はできるだけボールから遠いところにあるように意識しています」

 桑原「わたしのインパクトゾーンが小さな点に対して、近藤プロは横に長い楕円。動きとしては、その場で回転するというよりも、インパクトから左に下半身をスライドして振ってます。スエーと違って、クラブがインサイドからインサイドに抜けて振れれば、ある程度のスライドは問題ないのです」

写真

 近藤「確かに下半身を使ってインパクトゾーンを長くして、曲がらないようにという意識はあります」

 桑原「スイングの支点を体の後ろにもっていくことを、まずは目標にしてください。青山さんも飛んで曲がらないドライバーを今年こそはものにしましょう」

 ▼近藤龍一(こんどう・りゅういち) 1986年7月29日生まれ、名古屋市出身の30歳。180センチ、77キロ。名古屋・栄徳高1年から本格的にゴルフを始める。同志社大を経て、2008年にプロ転向。得意クラブはドライバー。

取材協力 明世カントリークラブ 瑞浪市明世町月吉1112番地の88 TEL:0572−69−2326 http://akeyocc.com/

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ