トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

打球を上げる方法を教えてください

2018年9月8日 紙面から

 【質問】中学は軟式で、高校では硬式野球をします。バッティングセンターで打っていたのですが、打球が上がりません。自分的には線で打てていないのと、バットが重いのを感じました。打球を上げる方法を教えてください。 (D・K君=中3)

 【答え】一般的には、スイングスピードが遅いとゴロが多くなります。君の打撃フォームを見ていないので断定はできませんが、バットを振り切れていないと思います。ボールの勢いに負けているのです。バットを短く持つとか、軽いバットを使うなどしてヘッドスピードを上げると、打球は自然に上がるようになります。

 打球が上がらないからといって、ヘッドを下げる打ち方はしないでください。テークバックでつくったトップからミートポイントまでバットは自然におりてきます。ダウンスイングになりますが、インパクトの瞬間にはバットとボールが水平に当たるレベルスイングになり、強いライナーを打つことができます。大リーグの選手のようにパワーがあれば、ヘッドが下から出てもボールに負けずに打てますが、日本人選手には、トップの位置からそのままバットを振りおろすダウンスイングが合っています。

 高校では、軟球よりも重い硬球に負けないだけのスイングスピードをつけることが必要になります。素振りは毎日していますか。素振りはバッティングの基礎です。バットを振り切る筋力を養うとともにヘッドスピードを上げます。毎日200本は必ず振りましょう。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ