トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

きれいに強いボールを投げるには?

2018年9月5日 紙面から

 【質問】中学軟式野球のピッチャーです。きれいに強いボールが投げられる投げ方を一から教えてください。 (K・I君=中2)

 【答え】いい投球をするには、バランスが取れた理想的なフォームをつくることですが、簡単にできることではありません。完璧でなくても理想に近い投球フォームを覚えれば、肩や肘に無理な負担がかからず、けがをしにくくなります。金足農業高校のエース・吉田投手が秋田大会から甲子園決勝まで一人であれだけの球数を投げることができたのも理想的なフォームを身に付けていたからだと思います。

 投球フォームには、テークバックからフォロースルーまでたくさんの過程があります。きょうは始動からステップまでを、右投手の場合で説明します。(1)リラックスした自然体で立ち、軸足(右)のスパイクの上に、頭の重心が乗るイメージで体重をかける(2)左足を膝から持ち上げるようにして、できるだけ高く上げる(3)左足を上げて体を回転するときは、腰と両肩は水平に回す(4)前方へは両膝を内側へしぼりながらお尻から(ヒップファースト)移動する(5)ボールは腕の力を抜いて軽く握る(6)ボールを持った腕は手のひらとボールを地面に向けながら引き上げる(7)肘を肩の高さまであげる。(8)左足のステップは軸足と捕手のミットを結ぶ線上にまっすぐに踏み出す。ごく基本的な動きだけです。練習してみてください。

 (慶大野球部元監督)

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ